お昼ごはんの後、

タクシーの運転手さんに案内されたのが、

トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)という博物館です。

トゥール・スレン虐殺博物館 トゥール・スレン虐殺博物館 入り口

 

トゥール・スレン虐殺博物館というのは、

ポル・ポトがカンボジアを支配していた時代に、プノンペンに存在していた政治犯収容所で、

多くの拷問、虐殺が行われた場所です。

 

トゥール・スレン虐殺博物館の中

このような拷問に使用されていた部屋や器具などがいくつも残されており、

当時の拷問の写真や拷問によって亡くなった方の写真も多く展示されていました。

 

少し調べてみたのですが、

トゥール・スレン虐殺博物館では、

2年9ヶ月の間に14,000~20,000人もの方が収容され、

そのうち生き残ったのは8人のみだそうです。

 

トゥール・スレン周辺は結構のどかな光景だったので、

これだけの数の方が殺されたというのは、想像できないですね。

周辺の写真です↓
トゥール・スレン虐殺博物館の周辺

ポルポト政権時に何がったかを知ることが出来る場所なので、

カンボジアに行かれる際にはぜひ訪れてみてほしいです。