館山 安房神社とは

先日、千葉県の館山市にある安房神社へ参拝してきました。
最寄り駅は、館山駅です。

館山駅までは、都内からだと、新宿駅東京駅から高速バス「房総なのはな号」で2時間半くらい、
さらに、館山駅から安房神社まではJRバスで30分ほど掛かります。

私の住んでいる町からだと、
乗り換えなどの時間も含めて片道4時間弱の旅になりました。

安房神社とはどのような神社かというと、
3大金運神社の一つに数えられる知る人ぞ知る神社です。

なので、金運アップのご利益を求めて参拝される方が多いですが、
お祀りしている神様の多くが「モノづくり」に関係するご神徳をお持ちで、
製造業などに携わる方も多く参拝されるそうです。

もちろん、私のように金運アップを願う訳でもなく、「モノづくり」に関わっている訳でもない人間も参拝します。

因みに、ご祭神は多いです。
主祭神としてお祀りされているのが、産業神 天太玉命(あめのふとだまのみこと) です。

相殿神として、
天太玉命の奥さんである天比理刀咩命(あめのひりとめのみこと)

忌部五部神
をお祀りされています。

忌部五部神とは、
櫛明玉命(くしあかるたまのみこと)天日鷲命(あめのひわしのみこと)彦狭知命(ひこさしりのみこと)手置帆負命(たおきほおいのみこと)天目一箇命(あめのまひとつのみこと)の五柱神を指します。

参拝へ

館山駅に着いたのは、10時15分ごろです。
館山駅 安房神社へ

ここからJRバスに乗り換え、安房神社の最寄りのバス停「安房神社前」へ到着したのが、
11時前でした。
バス停「安房神社前」

ここから神社までは、徒歩で5分くらいです。

参拝は、こちらの一の鳥居からです。
安房神社「一の鳥居」

こちらが参道になります。
安房神社の参道
まっすぐに伸びた綺麗な参道です。

両脇に植えられている桜の木が咲き誇る様子を想像すると、
来年の4月に、また参拝に来たくなります。
まだ、参拝する前なんですが。。。

参道をまっすぐ進んでいくと、2つ目の鳥居(二の鳥居)が見えてきます。
安房神社「二の鳥居」
この鳥居の奥が、本殿などがある神域になります。
まずは、鳥居の前で一礼して奥に進んでいきます。

で、手水舎でお清めを行い、本殿へのお参りを行います。
といっても、お参りは、こちらの拝殿からです。
安房神社の拝殿
この辺りから雨が強くなってきたので、写真にも大量の雨粒が写り込んでいます。

写真のレンズに雨粒が付くは、さしていた傘は邪魔やらで、わらわらしながら撮った写真ですが、
一応、お気に入りの一枚です。
あまり上手くはとれていないですが。。。

カメラやレンズって、精密機械なんで、本当は雨粒が掛かるのも良くないんですがね。。。

せっかくなので、横からも拝殿の写真を撮っておきました。
まずは、右側から撮った一枚です。
安房神社の社殿(本殿)

次は、左側から撮った一枚です。
安房神社の本殿(社殿)

神社の社殿って斜め横から撮った方が迫力感が増すので、いいですね!

拝殿でのお参りが済んだあとは、摂社の「下の宮」へもお参りしました。
【摂社】下の宮の鳥居

【摂社】下の宮の拝殿
ご祭神は、房総の地の開拓の神 天富命(あめのとみのみこと)天忍日命(あめのおしひのみこと)です。

境内には、他にも末社として祭られている厳島社琴平社もあったので、
そちらへも参拝しました。

厳島社です。
【末社】厳島神社

ご祭神は、海上安全のご利益で有名な女神 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)です。
金運、財運の神 弁財天としても有名な神様です。

琴平社です。
【末社】琴平社

名前の通り、香川県にある金刀比羅宮から勧請された神社で、
ご祭神は、大物主神(おおものぬしのかみ)です。

これで参拝は終わりです。

このあとは、御朱印と大人気のお守り「金運守(1,000円)」を頂いてから、帰りました。

それにしても、今日は朝から雨が降っていたので少し鬱陶しかったですが、
私は、カラカラの晴れた日よりも、雨がしっとりと降っている日に神社にお参りする方が好きなので、
これはこれで良かったです。

都内からでも、少し時間が掛かりますが、日帰りで行ける場所にあるので、
また参拝したいです。