【京都】鹿苑寺金閣寺へ

久しぶりに金閣寺に行ってきました。

京都「鹿苑寺金閣時」

金閣寺と言えば、テレビなどでもよく見るこの金色の建物を思い浮かべると思いますが、
こちらは「舎利殿(しゃりでん)」といいます。

正規名称は、「鹿苑寺」と言うのですが、この舎利殿の見た目から通称「金閣寺」というようになり、
その呼び名が定着していったそうです。

今では、ユネスコの世界文化遺産にも登録されていて、海外からの観光客も多く訪れます。

因みに、金閣寺は、少し離れた場所から見た方がきれいです。
遠くから見た金閣時

 

それにしても、義光は何で金色にしようとしたんですかね?

金箔を塗っているだけらしいので、
合計すると見た目程の量にならないのかもしれないですが、

金箔なんて放っておくと直ぐに剥がれそうですし、
メンテナンスにはそれなりに費用が掛かりそうなんで、

後世までこのお寺が残ることも考えて、
もう少し経済的な物にすればよかったのにと思うのですが。。。

 

金箔といえば、時々金箔がのったお菓子などを見掛けるのですが、
どうして日本人には金箔を食べる文化があるんでしょうかね?

 

学生の時に海外からきた留学生の方も、
「金箔を食べる」という文化にすごく驚かれていたのを今でも覚えています。

やはり違和感があるんでしょうね。

大した量にはならないと思うのですが、
やはり金属を直接食すというのは私は怖いのですが。。。

見所

舎利殿以外にも見所はたくさんあります。

陸舟の松(りくしゅうのまつ)です

陸舟の松
こちらは、足利義満が植えたとされているそうです。
名前の通り船の形をしている立派な松で、京都三松の一つにも数えられています。

銀河泉(ぎんがせん)です

銀河泉
足利義満が、こちらの水をお茶に使ったと言われています。

写真はないですが、直ぐ近くに「厳下水(がんかすい)」という泉もあり、
そちらは手洗い用に使用されていたそうです。

龍門の滝と鯉魚石です

龍門滝と鯉魚石
滝に打たれている石を「鯉魚石(りぎょせき)」といい、鯉が急流を登っていく様をイメージしたようで、
中国の故事「登竜門」に因んでいるそうです。

不動堂です

不動堂

「不動明王」をお祀りしているお堂で、御本尊は「石造不動明王像」です。
が、普段は開帳されていないので、見ることができません。

他にも見所は多々あるのですが、写真を撮っていないので、今回はここまでにしておきます。

金閣寺の荘厳な佇まいは、いつ行っても見ごたえがあるので、また近い内に再訪したいですね!