システム開発用のアイキャッチ

XAMPPのインストールと設定方法、使い方【初心者向け】

XAMPPとは何か?

XAMPPとは、「ザンプ」と読み、
ざっくりと言えば、WEBの開発に必要なApache(アパッチ)MariaDBPHPPerlを一括でインストールできるツールです。

基本的には、インストーラを実行するだけでインストールまで完了するので、設置は簡単ですが、
細かい設定も必要なので、今回はXAMPPのダウンロードからインストール、その他細かな設定方法やWordPressのインストール方法などをまでまとめました。

XAMPPのダウンロードからインストールまで

XAMPPのダウンロード

まずは、XAMPPをダウンロードします。
XAMPPは、公式サイトより入手できます。
XAMPPのトップページ

もし、旧バージョンのPHPを利用する場合には、
以下のダウンロードページより入手して下さい。
[ Download XAMPP ]
XAMPPのダウンロードページ

インストール

上記で入手したダウンロードファイルをダウブルクリックして、XAMPPのインストールを開始します。

インストールを開始すると、以下の様な警告画面が出ます。
XAMPPのインストール「Warning画面」
この警告は無視して、「OK」をクリックして下さい。

次の画面も、そのまま「Next >」をクリックして次画面へ遷移して下さい。
XAMPPのインストール「セットアップ画面」

次の画面では、実際にインストールするソフトウェアを選択します。
XAMPPのインストール「セットアップ画面」
デフォルトでは全てにチェックが入っていますが、
不要なソフトウェアまでインストールする必要はないので、
使用するものだけにチェックを入れておくことをおすすめします。

例えば、
通常の開発環境であれば、Apache、MySQL、PHP、phpMyAdmin辺りをインストールしておけばOKだと思います。
※もしよく分からなければ、全てにチェックを入れたままでも問題はありません。

選択したら、「Next >」をクリックして下さい。

次は、XAMPPをインストールするフォルダの指定を行います。
XAMPPのインストール「フォルダ選択」
インストールフォルダに関しては、特にこだわりや社内ルールを設けていなければ、
デフォルトの「C:\xampp」のままでOKです。
そのまま「Next >」をクリックして、次画面に遷移して下さい。

次の画面では、「learn more about Bitnami for XAMPP」のチェックだけ外してから、
Next >」をクリックして次画面へ遷移して下さい。
XAMPPのインストール「セットアップ画面」

これで、インストールの準備が完了しました。
XAMPPのインストールの準備完了
Next >」をクリックして、インストールを開始して下さい。

インストール中の画面です。
XAMPPのインストールの開始

インストールは、2~3分程で完了します。
XAMPPのインストールの開始

インストールが完了したら、「Finish」をクリックして下さい。

言語の選択画面が表示されます。
XAMPPのインストール「言語選択画面」
「英語」を選択したまま「Save」をクリックして保存して下さい。

保存すると、以下の様なXAMPPのコントロールパネルが立ち上がります。
XAMPPのコントロールパネル

この画面でApacheやMySQLの起動や設定を行います。

XAMPPの起動と設定方法

Apacheを起動

まずは、WEBサーバーであるApacheを立ち上げます。
XAMPPのコントロールパネルを立ち上げて、Apache右横の「Start」をクリックして下さい。
正常に起動すると、Apacheの背景が緑色になり、「Start」の表示が「Stop」に切り替わります。
Apacheを起動

また、コントロールパネル下にも起動メッセージが表示されます。
初めのうちはこちらメッセージも確認しながら操作してみて下さい。

次は、コントロールパネルのApache右横の「Admin」をクリックして下さい。

XAMPPのダッシュボードが表示されます。
XAMPPのダッシュボード

MySQL(MariaDB)を起動

次は、MySQLを起動させます。
※正確には、MySQLではなく、MySQLと互換性のあるMariaDBになります。

MySQL右横の「Start」をクリックして下さい。
正常に起動すると、MySQLの背景が緑色になり、「Start」の表示が「Stop」に切り替わります。
MySQLを起動
コントロールパネル下にも起動メッセージが表示されるので、そちらも確認してみて下さい。

次は、コントロールパネルのMySQL右横にある「Admin」をクリックしてphpMyAdminを立ち上げてみます。

phpMyAdmin

ただ、パスワード無しでもphpMyAdminへログイン出来てしまいました。
このままだとセキュリティ上危険なので、MySQLの「root」ユーザーにパスワードを設置しておきます。

MySQL(MariaDB)のrootアカウントにパスワードを設定

XAMPPのコントロールパネルの右側に「Shell」というメニューがあるので、
そちらをクリックして下さい。
Shellをクリック
以下の様な画面が立ち上がります。

コマンドプロンプト

ここで、
# mysql -u root
を実行して、MySQLにアクセスします。

MySQLへログイン出来ると、以下の様な画面に移動します。
MySQLへアクセス

「use mysql;」を実行してmysqlデータベースを選択します。
DBを選択

「alter user 'root'@'localhost' identified BY 'パスワード';」を実行してパスワードを変更します。
MySQLのパスワードを変更

変更が完了したら、「exit;」で、一旦MySQLから抜けます。

「mysql -u root -p」を実行して、再度、MySQLへアクセスしてみます。
MySQLへログイン

パスワードを聞かれるので、上記で設定したパスワードを入力します。

問題なくログイン出来れば、OKです。
MySQLへログイン成功

これで、MySQLのパスワード変更が完了しました。

ただ、このままだとphpMyAdminへの接続時に以下の様なエラーが出ます。
phpMyAdminへの接続エラー

そこで、phpMyAdminのconfigファイルを編集しておきます。

C:\xampp\phpMyAdmin\config.inc.php
を開きます。

で、
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';

$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
の2箇所を見つけて、以下の様に変更して下さい。

$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = '';

ファイルを開いて、以下の様になっていればOKです。
phpMyAdminのconfigを変更

phpMyAdminへのアクセス時にログイン画面が表示されます。
phpMyAdminのログイン画面

ユーザ名「root」、パスワード「上記で設定したパスワード」でログインしてみて下さい。

XAMPPのポート番号が被る件

XAMPPをインストールしてApacheを起動しようとしても、エラーになることが良くあります。

様々な原因が考えられるのですが、ほとんどの場合、他のソフトとポート番号が被っていることが原因です。
Apacheは80というポート番号を使用しますが、
特に多いのがSkype(スカイプ)のポート番号「80」です。

対策としては、Apacheのポート番号を変更してしまいましょう。
これが、一番楽な対処方法です。

今回は、「8080」へ変更してみます。

まず。XAMPPのコントロールパネルを起動して、右上の「Config」をクリックして下さい。
右上の「Config」をクリック

Service and Port Settings」を選択します。
「Service and Port Settings」を選択

Main Port」が「80」に設定されています。
「Main Port」が「80」

この数字を、「8080」へ変更し、「Save」をクリックします。
「Main Port」を「8080」へ変更

設定画面に戻るので、「Save」をクリックします。
設定内容を保存

次はApacheの右横にある「Config」をクリックして、Apacheの設定ファイルである「httpd.conf」の編集を行います。
「Config」をクリック

Apache(httpd.conf)」を選択します。
Apache(httpd.conf)を選択

httpd.conf」が開くので、「Listen 80」と記述されている箇所を探して下さい。
httpd.confのListen 80

ここを、「Listen 8080」へ変更します。
httpd.confのListen 8080

これで、ポート番号の変更が完了です。

実際に、ポート番号「8080」でApacheが立ち上がるかを確認します。

XAMPPのコントロールパネルを起動して、Apache右横の「Start」をクリックして下さい。
Apacheを起動

正常に起動すればOKです。
また、Apacheのポート番号が「8080」へ変更されたことも確認して下さい。
Apacheのポート番号を確認

ドキュメントルート、重要ファイルの保存先パス

ドキュメントルート(公開先ディレクトリ)やApacheの設定ファイル「httpd.conf」、PHPの設定ファイル「php.ini」へはアクセスする機会が多いので、
それぞの保存先などをまとめておきます。

ドキュメントルート

ドキュメントルート => C:\xampp\htdocs

ドキュメントルートとは、ホームページとして公開するファイルを設置する場所で、
作成した画像やHTML、CSSなどはここに入れていきます。
ドキュメントルート

トップページ用のindex.phpが入っていますが、
デフォルトでは、ダッシュボードへリダイレクトされるように設定されています。

httpd.confの保存先

保存先 => C:\xampp\apache\conf

php.iniの保存先

保存先 => C:\xampp\php

Apacheのアクセスログ、エラーログの保存先

Apacheのアクセスログ、エラーログの保存先は同じディレクトリになります。
保存先 => C:\xampp\apache\logs

アクセスログは「access.log」に、エラーログは「error.log」に保存されます。
開発中は、特にエラーログを確認する機会が増えるので、こちらのパスは忘れずに覚えておいて下さい。

XAMPPの削除方法(アンインストール)

XAMPPを削除する場合は、コントロールパネルからアンインストールするだけです。

PCのコントロールパネルを立ち上げて下さい。
PCのコントロールパネル

XAMPPを選択して、右クリックして下さい。
コントロールパネルでXAMPPを選択

右クリックすると、「アンインストール」と表示されるので、選択します。
コントロールパネルでXAMPPを右クリック

XAMPPを削除確認
「Yes」をクリックして下さい。

XAMPPのフォルダを削除確認
XAMPPをインストールしたフォルダも削除するか確認されるので、不要であれば「Yes」をクリックして下さい。

削除が開始されます。
XAMPPの削除開始

しばらくすると、削除が完了します。
XAMPPの削除完了

WordPressをインストールする方法

データベースを作成

まずは、WordPressで使用するデータベースを作成します。
phpMyAdminにアクセスして下さい。

画面上部に「データベース」というメニューがあるので、クリックして下さい。
データベースを選択

データベースの作成画面に遷移します。
データベースを作成

今回は、分かり易く「wp」というデータベースを作成します。
また、文字コードは「utf8mb4_general_ci」を選択して下さい。

データベース名を入力、文字コードを選択後、「作成」をクリックして下さい。

データベースの作成が完了しました。
データベースの作成完了

WordPressを作成

まずは、公式サイトのダウンロードページよりWordPressをダウンロードします。
WordPressのダウンロードページ

ダウンロードが完了したら、「wordpress-x.x.x-ja.zip」というファイルが保存されるので、解凍して下さい。
解凍後、「wordpress-x.x.x-ja」というディレクトリの中に「wordpress」が作成されます。
WordPressを解凍

この「wordpress」を「wp」に変更して、
上記で説明したドキュメントルートに移動させてください。

WordPressをドキュメントルートへ移動
ドキュメントルートへ「wp」を設置したら、さっそくインストールを開始します。

ブラウザ上から、
http://localhost/wp/
というURLへアクセスして下さい。

以下の様なインストール画面へリダイレクトされます。
WordPressのインストール開始
さあ、始めましょう!」をクリックして、次画面へ移動して下さい。

WordPressで使用するデータベースの情報を入力する画面に遷移します。
WordPressのデータベース情報設定
データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「データベースのホスト名」は、上記で作成したデータベース情報を入力して下さい。

また、「テーブル接頭辞」は、デフォルトの「wp_」のままだとセキュリティ上危険と言われているので、

各項目の入力が完了したら、「送信」をクリックして下さい。

次の画面では、サイトのタイトルやWordPressで使用するアカウントなどを設定します。
WordPressのアカウント情報設定
パスワード」には、必ず複雑な文字列を設定して下さい。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」には、チェック不要です。
※開発中にはチェックを入れておいた方がいいのですが、
 本番公開時に外れ忘れるとまずいので、チェックは入れなくてもOKです。

各項目入力したら、「WordPressをインストール」をクリックして次画面へ移動して下さい。

WordPress インストール実行
インストール実行」をクリックして、インストールを開始します。

しばらくすると、インストールが完了します。

WordPressのインストール完了

ログイン」をクリックして、WordPressのログイン画面へ移動します。

WordPressのログイン画面

上記で設定したユーザー名とパスワードでログインします。

正常にログイン出来れば、ダッシュボードに移動します。
WordPressのダッシュボード

これで、WordPressのインストールも完了です!

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

  • 個人で借りているサーバのIPアドレスが、なぜか「FortiGuard」のブラックリストに登録されてしまった。まっとうにサイト運用してたから、なんで登録されたかは不明。取り敢えず、「データベースから削除して」って依頼したから、すぐに… twitter.com/i/web/status/1…
    about 12時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP