wwwあり、なしのURLが分散してしまうデメリットを理解しよう

wwwあり、なしのURLが分散してしまうデメリットを理解しよう

URLの分散(wwwあり・wwwなし)によるデメリット

普段、私たちは様々なホームページを見る機会があると思いますが、
そのURLを確認すると、
ドメインの前にwwwが付いているサイトwwwが付いていないサイトがあると思います。

このwwwありwwwなしはSEOには影響しません。

それは、一般的に良く知られていることですが、
同一のWEBサイト内に、
wwwが付いているページwwwが付いていないページが混在するのはNGです。

例えば、
トップページは、wwwありのURL「http://www.example.com/」がインデックスされ、
会社概要ページは、wwwなしのURL「http://example.com/company/」がインデックスされていたとすると、
同一サイト内にwwwありwwwなしのページが混在していることになります。

また、
同一ページなのに、wwwありwwwなしのどちらでもアクセス出来てしまうこと自体も良くありません。

例えば、
トップページへは、wwwありの「http://www.example.com/」と、wwwなしの「http://example.com/」の両URLへアクセス出来てしまうことは、
よくありません。

その理由は、URLが分散してしまう為です。

 

分散してしまうというのはどういう意味なのか?

分散してしまうというのはどういう意味なのか?
と言いますと、
Googleの検索エンジンは同一コンテンツのページであっても、
www付きのページwwwなしのページを別ページとみなしてしまいます。

例えば、
http://example.com/company/

http://www.example.com/company/
は、
ブラウザ上からページを閲覧するユーザーには同じページに見えても、
Googleのロボットには別ページとみなされてしまいます。

では、
それの何が問題なのか?
と言うと、
例えば、
「http://gaibusaite01.com/」という外部サイトからhttp://example.com/へリンクを貼って貰うと、
http://example.com/のページの評価は上がりますが、
http://www.example.com/のページの評価には影響がありません。

http://example.com/

http://www.example.com/
は別サイトとみなされているので、
当然ですね。

逆に、
「http://gaibusaite02.com/」という外部サイトからhttp://www.example.com/へリンクを貼って貰うと、
http://www.example.com/のページの評価は上がりますが、
http://example.com/のページへの評価には影響がありません。

せっかく、「http://gaibusaite01.com/」と「http://gaibusaite02.com/」の2サイトからリンクを貼って貰っているのに、
Googleは1サイトからのリンク分しか評価してくれないことになります。

それは、
SEO上非常にもったいないことをしていることになります。

では、どうすればいいのか?
と言いますと、
wwwあり、または、wwwなしのどちらかに強制的に統一すれば解決します。

具体的には、
wwwありでサイト運営する場合には、
http://example.com/
へのアクセスは、
http://www.example.com/
に強制的にリダイレクトしてやればOKです!

逆に、
wwwなしでサイト運営する場合には、
http://www.example.com/
へのアクセスを、
http://example.com/
に強制的にリダイレクトしてやればOKです!

 

wwwあり・wwwなしURLの統一作業

wwwありwwwなしを統一するもっとも一般的な方法は、.htaccessを使用する方法です。

方法に関しては、以下のページなどを参考にしてみて下さい。
参考:URLのwwwあり・なしを統一する方法

あとは、
・Apacheの設定ファイル(httpd.conf)で設定する方法
canonicalタグを使った方法
・Googleのサーチコンソールで統一する方法
などがあります。

httpd.confで設定する場合は、以下を参考にして下さい。
参考:httpd.confを編集してURLを正規化

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. URL設計(URLデザイン)
  3. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  4. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  5. URL リダイレクト
  6. インデックスされない
  7. 内部対策は必要?
  8. CMS(シーエムエス)
  9. SEO業者は必要?
  10. SSL(HTTPS)

Twitter

  • 機械学習を少し勉強してみて思ったのは、Pythonがよく使われるのは便利なライブラリーが揃っているので、楽!というだけ。 多分、Pythonを使えば、数学なんて全く分からんくても、勉強して流れさえ掴めば、誰にでも出来る分野だという… twitter.com/i/web/status/1…
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP