WP:WordPress(ワードプレス)

【WordPress】プラグイン「WP Downgrade」でバージョンダウン

プラグインを使ってWordPress本体のバージョンを落とす方法

WordPressを使っていると、時々、バージョンをダウングレードしたくなる場合ってありませんか?

例えば、「最新バージョンがリリースされたから更新してみたけど、致命的な不具合が発生した!」なんて場合。。。
直ぐにでも以前のバージョンに戻したいですよね。

そんな場合に便利なのが、「WP Downgrade | Specific Core Version」というプラグインです。

セキュリティ面を考えると常に最新バージョンに保っておくことがベストですが、
何らかの理由でWordPress本体のバージョンをダウングレードしたい場合に「WP Downgrade | Specific Core Version」を試してみて下さい。

プラグイン「WP Downgrade | Specific Core Version」

【注意事項】
「WP Downgrade | Specific Core Version」はバージョンを変更するためのプラグインです。
何かあると怖いので、ダウングレードを開始する前には必ずデータベース、ファイルなどのバックアップを取っておくようにして下さい。

まずは、プラグインのインストール画面に移動して、「WP Downgrade | Specific Core Version」を検索して下さい。
恐らく、一番左上に出てくるので、それをインストールして、そのまま有効化まで行います。
プラグインのインストール画面
管理画面左カラムの「設定」の中に「WP Downgrade」というメニューが追加されるので、それをクリックして下さい。

このような画面に遷移すると思います。
プラグイン「WP Downgrade」の設定画面
WordPress Target Version」の項目に、ダウングレードしたいバージョンを入力し、「変更を保存」をクリックして設定を保存して下さい。

プラグイン「WP Downgrade」の設定画面
こちらの画面はデフォルトのままでOKなので、「Up-/Downgrade Core」をクリックして次画面へ遷移して下さい。

プラグイン「WP Downgrade」の設定画面
問題がなければ、「再インストール」をクリックして下さい。
クリックすると指定したバージョンへの更新開始するので、終了するまでしばらくお待ち下さい。

これで、WordPress本体のダウングレードは完了です。
簡単ですね!

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. 文系と理系のメリットとデメリット
  5. 東京駅
  6. 残業
  7. プログラマーになるのに年齢は関係ある?
  8. 年収(収入)
  9. income(収入)
  10. プログラマーになろう

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP