SEO(エスイーオー)

SEO

【WordPress】SEOを意識してブログのURLを改良しました

エンジニアブログのURLを改良しました

先日、
こちらのブログのURLの改良を行いました。

以前のURLは、
記事詳細ページであれば、「https://www.deep-blog.jp/engineer/archives/記事ID/」でした。
カテゴリページだと、「https://www.deep-blog.jp/engineer/archives/category/カテゴリ名/」です。

で、今回改良したのは3点。
・パーマリンクを「記事ID(post_id)」から「投稿名(postname)」へ変更
・URLから「archives」を削除
・URLの「エイリアス(www)」を削除

最終的には、
https://deep-blog.jp/engineer/投稿名(スラッグ)/
https://deep-blog.jp/engineer/category/カテゴリ名/」
というシンプルなURLになります。

今回、URLの改良を行った理由は、
・現状のSEO対策に即したURLにしたい
・URLは極力短く、シンプルなものにしたい
という2点です。

本来は、既存サイトの場合、
URLが変わってしまう上、手間も掛かるので、やらなくてもいい作業です。

が、今回は強行してみました。
もちろん、URLが変わってしまうと評価が落ちたりする危険もあるので、
最新の注意を払って作業を行っています。

 

URLからarchivesを削除

まずは、URLに含まれる「archives」というディレクトリを削除します。

削除するのは、URLには極力余分なディレクトリを含めたくない!というのが理由です。
URLは短いに越したことはないですしね!

方法は、管理画面上のパーマリンク設定画面に移動します。

カスタム構造を選択して「/archives/%post_id%/」と設定していたので、
これを「/%post_id%/」に変更するだけです。
WP パーマリンクからarchivesを削除

これで、URLから「archives」ディレクトリが削除されました。

ただし、
このままだと「archives」ディレクトリを含んだ旧URLがインデックスされたままになるのでは?
と思われる方もいると思います。

が、大丈夫です。
自動で「https://www.deep-blog.jp/engineer/archives/~」から「https://www.deep-blog.jp/engineer/~」へリダイレクトしてくれます。

念の為に「https://www.deep-blog.jp/engineer/archives/~」へアクセスしてみて下さい。
問題なくリダイレクトされれば、こちらの設定が完了です。

 

パーマリンクを記事ID(post_id)から投稿名(postname)へ変更

つぎは、パーマリンクの変更ですが、これが一番大変でした。

この作業を行った理由は、
URLに含まれるキーワードもGoogleの検索ランキングに影響するためです。

その為、今までは、記事IDが自動でパーマリンクに設定されていたものを、
今回の修正により、
今後はSEOを意識したパーマリンクを手動で設定出来るようにする、事が目的です。

まず、パーマリンクの「投稿名(postname)」への変更作業自体は、
カスタム構造を選択して「/%post_id%/」を設定していたので、
これを「/%postname%/」に変更するだけです。
WP パーマリンクをpostnameへ変更

管理画面上の変更はこれだけでいいのですが、
その後の作業が大変でした。

というのも、パーマリンクを「/%postname%/」に変更すると、
既存記事のURLのディレクトリ名が「記事ID」から「記事タイトル」に強制的に代わってしまいます

これは、今まで投稿してきた全記事のURLが強制的に変わってしまうので、
SEO上はかなりのマイナスになります。

そこで、
少し手間でしたが、既存記事に関しては、パーマリンク自体に「記事ID」を設定して登録することにしました。
この様に登録していきます。
WP パーマリンクに記事IDを登録

ただ、1記事ずつの修正になり、
しかも、600近くの記事を投稿していたので少し時間が掛かりました。

その為、2時間ほど掛かったのですが、なんとか作業は完了です。
これで、既存記事に関しては、変更前と同様のURLを維持することができます!!

今後、新規で投稿する記事からは、SEOを意識したパーマリンクを登録することができます。

 

URLのエイリアス(www)を削除

最近の流れとして、
URLにエイリアス(www)を付けないというのが主流になってきています。
※以前は、エイリアス(www)を付けるのが主流でしたね。

その流れに合わせて、このブログもエイリアス(www)なしで運用することにしました。

変更は、「設定」画面から行います。
WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」に登録しているURLを、
https://www.deep-blog.jp/engineer」から「https://deep-blog.jp/engineer」へ変更するだけです。
WP URLの変更

これで、一通りの作業は完了です。

あとは、サイト全体をざっと確認して、
・今回の変更により何か問題が発生していないか?
・こちらの期待通りの変更が反映されているか?
などを確認して終わりです。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    Nginx+WordPressでブログを運営(PHP5.5のインストール)

    PHP5.5をインストールPHP5.5のインストール手…

  2. SEO(エスイーオー)

    SEO

    【WordPress】これだけはやっておいて損のないと思うSEO対策

    WordPressとSEOについてインターネットでWo…

  3. SSL(HTTPS)

    SEO

    htaccessを使って、SSL通信を強制化

    ここのところ、毎週のように常時SSL通信化の設定案件が発生していま…

  4. 360°パノラマ

    WP(WordPress)

    WPのプラグイン「Cardboard」で360°パノラマ写真を公開

    360°パノラマ写真(全天球画像)の埋め込みを行えるWordPress…

  5. メタタグ(metaタグ)とは
  6. WP:WordPress(ワードプレス)

    WP(WordPress)

    WPのカテゴリーをドロップボックス形式で表示

    カテゴリーをプルダウン形式(ドロップボックス)で表示させたい時、w…

最近の記事

  1. SEO関連タグ
  2. SEO関連タグ
  3. レンタルサーバー(共用サーバー)
  4. システム開発用のアイキャッチ
  5. システム開発用のアイキャッチ
  6. ドメイン 利用制限
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. システム開発用のアイキャッチ
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Theme(テーマ)の選択
PAGE TOP