不動産会社向けのWordPressテーマ

不動産会社におすすめのWordPressテーマ

不動産会社向けのテーマを紹介します。

といっても、日本語で作成されている不動産会社向けテーマってかなり少ないです。
そんな中でおすすめできるのは、TCDの「MONOLITH」というテーマのみです。

TCDといえば多くのテーマを開発・販売されている会社で、SEO対策済みの人気のテーマになっています。
価格面では、TCDのテーマは他の人気テーマと比べると高いので、手を出すのには躊躇してしまうことが多いです。

ただ、「MONOLITH」に関しては「12,980円(税込) ※2021年2月3日現在」と、手の出しやす価格設定になっています。

ただ、例えばポータルサイトのような検索機能を付けたければ、WordPressの既存テーマでは対応しきれないと思います。

WordPressでも簡単な検索機能を付けることもできますが、その場合にはオリジナルテーマの開発になります。
ただし、複雑な検索機能を付ける場合には、WordPressでは難しいです。
その場合、100万円以上かかることもありますが、オリジナルでの開発をおすすめします。

それと、登録する物件数が数千件以上になる場合にも、表示速度を考量すると、オリジナルでの開発をおすすめします。

オリジナルでの開発を検討される場合には、必ず複数の制作会社さんに見積もりを取ってみて下さい。

因みに、他にも不動産会社向けの有名なテーマが1つあります。そちらは検索機能も付いてい素晴らしいテーマだと思いますが、私はおすすめする気はないので、こちらでブログでは触れません。
※興味がある方は調べてみて下さい。

ということで、本当に物件検索機能を自社サイトに必要かは、再度検討されることをおすすめします。
検索機能は不要で物件情報を載せたい(※例えば、マンションや戸建て、ペット化の一覧ページ程度でOKという場合)というだけであれば、WordPressでも問題なく開発できます。

というか、始めに説明したTCDの「MONOLITH」で十分です。

それと、
例えば
・物件検索サイトは別に持っていて、今回は会社サイトのみを作りたい
・物件情報はASPやポータルサイトのURLへ飛ばすので要らない
という方であれば、
Diver(ダイバー)」や「THE THOR(ザ・トール)」もおすすめです。

この2テーマは非常に優秀なのでおすすめです。
会社サイト、ブログサイト、メディアサイト、アフィリエイトサイトなどなど、どんなサイトでも組めるので、本当におすすめのテーマです。
1度購入すれば複数サイトでの利用も可能ですし、SEO対策済み、高機能でよく考えられたテーマです。

「Diver」と「THE THOR」のどちらがおすすめかといわれると難しいですが、
「Diver」の方が初心者の方でも使い易いテーマになっています。

「THE THOR」は高機能すぎるので最初は戸惑うかもしれないです。
が、現時点で9種類のデザインが用意されているので、その点では「THE THOR」がおすすめです。
[ THE THOR デモサイト ]

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP