URLのwwwあり・なしの統一方法

ホームページ・ドメイン

URLのwwwあり・なしを統一する方法【.htaccessを利用】

こちらの記事では、
WEBサイトのwwwありwwwなしを統一する方法についてまとめていきます。

今回は細かい説明は行いませんが、
・同一のWEBサイト内にwwwありwwwなしのページが混在している
・同一ページなのに、wwwありでも、wwwなしでも、そのページのURLにアクセス出来てしまう
というのは、
SEO上、非常にまずいです。
※興味のある方は、以下のページを参照して頂ければと思います。
参考:wwwあり、なしのURLが分散してしまうデメリットを理解しよう

そこで、ホームページを運営する際には、
ユーザーがアクセスできるURLをどちらかに強制的に統一しておきましょう!
というのが、一般的な考え方です。

wwwあり、wwwなしを統一する方法

一番手っ取り早く設定するのは、.htaccessを使った方法で、一般的な方法になります。
が、httpd.confを使って統一する方法もあります。

今回は、.htaccessで設定する方法を中心に説明しますが、
httpd.confで設定する方法についても少し触れていきます。

.htaccessを使って統一

ホームページの公開ディレクトリ内(トップページのindexと同じ場所)に.htaccessを作成して、
以下を記述してみて下さい。
※もし、既存の.htaccessが存在する場合には、適当な個所に追記して下さい。

wwwありに統一する場合と、wwwなしに統一する場合で、コードの書き方が異なるので、
それぞれ、分けて説明します。


【wwwありに統一する場合】
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

.htaccessの設置が終わったら、
http://example.com/
へアクセスしてみて下さい。

http://www.example.com/
へ正常にリダイレクトされれば、問題なく設定できています。


【wwwなしに統一する場合】
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

.htaccessの設置が終わったら、
http://www.example.com/
へアクセスしてみて下さい。

http://example.com/
へ正常にリダイレクトされれば、問題なく設定できています。


因みに、こちらで紹介した記述は、最も基本的な書き方だと考えてください。

稀にですが、
レンタルサーバによっては、このままでは正常に処理してくれない場合もあります。

その場合には、サーバ会社名などで調べてみて下さい。
大概の場合、誰かしらが情報を公開してくれていると思います。

 

httpd.confを使って統一

httpd.confを使って、wwwありwwwなしを統一する方法は、注意が必要になります。

というのも、
httpd.confは、Apache(WEBサーバー)の設定ファイルになり、編集は上級者向けの作業になります。

誤った記述を行うとサイトが表示されなくなることもあります。
その場合は、元の内容に戻せばサイトは復活するので、httpd.confのバックアップだけは取っておくようにして下さい。

また、
共用サーバだと、通常、httpd.confへアクセスの権限がないことが多いです。
その場合は、httpd.confの編集はあきらめて下さい。

こちらの記事では、詳細な設定方法までは説明しません。
興味のある方は、以下の記事を参考にして頂ければと思います。
参考:httpd.confを編集してURLを正規化

 

最後に

こういった作業をURLの正規化と言います。

サイト運営時には必ず意識しておかないといけないことなので、
基本的なことはしっかりと抑えておいて貰った方がいいです。

と言っても、ほとんどの場合、記述内容は使いまわしできますし、
設定する内容も決まっているので、
難しく考える必要もありません。

因みに、URLの正規化では、
・「index.html」「index.php」のあり、なしの統一
・HTTPS(https://)への統一
なども重要になってきます。

これらの方法は、また別の機会に紹介します。

それと、URLの正規化を行っていない既存サイトもあると思います。
その場合には、設定後に思わぬ場所でエラーが発生していたということも、
恥ずかしながら、過去にあったので、
URLの正規化を行った後には、しっかりチェックを行うようにして下さい。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. wwwあり、なしのURLが分散してしまうデメリットを理解しよう
  2. JPドメイン
  3. 中古ドメイン(Old Domain)について
  4. メタタグ(metaタグ)とは
  5. ロリポップサーバとムームードメイン
  6. ロリポップ WordPressでサイトを公開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SEO関連タグ
  2. SEO関連タグ
  3. レンタルサーバー(共用サーバー)
  4. システム開発用のアイキャッチ
  5. システム開発用のアイキャッチ
  6. ドメイン 利用制限
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. システム開発用のアイキャッチ
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Theme(テーマ)の選択
PAGE TOP