タイトルタグ(title tag)

【SEOの基礎】タイトルタグの最適化!重要な7つのポイントをまとめました!

タイトルタグ(titleタグ)とは?

タイトルタグ(titleタグ)は、
ページ全体のタイトルを設定するHTMLタグで、<head>~<head>内に以下のように記述します。

<head>

<title>ここにタイトルを設定します。</title>

</head>

SEO対策を意識する上で最も重要なタグであり、
また、ユーザーのクリック率(CTR)にも影響するので、非常に重要なタグと言えます。

タイトルタグはどうして重要なの?

タイトルタグが重要な理由は、

Googleの検索ランキングに影響すること
ユーザーのリック率へ影響を与えること

の2点です。

検索ランキングへの影響

まず、タイトルタグの内容は、そのまま、そのページの題名(タイトル)となります。

Googleはタイトルタグの内容を見て、何についてのページかを判断しているので、
その内容はGoogleの検索結果にも影響します。

ただ、以前に比べるとタイトルタグの重要性は明らかに下がっています。

現在は、タイトルタグに目的のキーワードを入れ込んだとしても、
それだけでは検索結果の上位には上がってきません。
逆に、タイトルタグに入っていないキーワードで検索上位に引っ掛かってくるということもあります。

ただし、
だからと言って適当に設定していいタグではありません。

タイトルタグは、狙っている検索キーワードを絞って、しっかりと考えて決めるようにしましょう!

クリック率(CTR)への影響

タイトルタグに設定した内容は、Googleの検索結果一覧に表示されているタイトルにも使用されます。

弊社会社サイトの例です。
タイトルタグの例

普段、Googleで情報検索をされている方であれば想像がつくと思いますが、
ユーザーはこのタイトルに目を通して、そのページにアクセスするかどうかを判断します。

その為、クリック率(CTR)にも大きく影響します。

当然、ユーザーが求めている情報と異なる内容のタイトルだと、
いくら上位に出てきたとしてもクリックして貰えません。

ページの内容とタイトルタグの内容がずれないように、注意して下さい!

タイトルタグの最適化について(重要な7つのポイントについて)

何度も説明している通り、タイトルタグは非常に重要です。
行き当たりばったりで決めていると、
後々の管理も大変になってきますし、あまりいい結果は得られません!

必ず、作成するページのターゲット(目的)とするキーワードを決めておいて
そのキーワードに合ったタイトルタグを設定する必要があります。

そこで、今回は、タイトルタグを設定する上で重要なポイントを7つに分けて、
タイトルタグの設定方法を詳しく説明していきます。

ポイント1:検索結果に引っ掛けたいキーワードを必ず含める

ターゲットとするキーワードを必ずタイトルタグに入れるようにしましょう。

ポイント2:ターゲットとしているキーワードを前方に持ってくる

ターゲットとしているキーワードは、極力、前方に持ってくるようにしましょう。

必須ではないですが、
Googleは前方にあるキーワードをより重視する傾向があります。
その為、前方に持ってくる方が、
ターゲットとしているキーワードで引っ掛かり易いと言われています。

また、タイトルが検索結果に表示されたときに、
目的のキーワードが前方に表示される方が検索ユーザーの目に留まりやすいので、クリック率(CTR)にも影響します。

ポイント3:ターゲットとしているメインキーワードは1つ、または、2つに絞る

1つのページで複数のキーワードをタイトルタグに詰め込むのは避けて下さい。

メインターゲットとするキーワードは、1つ、または、2つに絞って、設定して下さい。
※極力1つに絞った方が、SEO効果は高いようです。

ポイント4:1つのタイトルタグの中で、同一キーワードを何度も使用しない

いくらターゲットとしているキーワードだからと言って、
何度も同じキーワードを重複してタイトルタグに入れることはNGです。

同じキーワードを1つのタイトルタグで使用する回数は、2回までにしましょう。

同一のタイトルタグに、キーワードが重複して3度、4度と出現すると、
Googleからペナルティーを受ける可能性もあるので、注意して下さい!

ポイント5:ページの内容が分かり易く、かつ、簡潔に伝わる内容にする

ページの内容が一目で分かるようなタイトルを付けて下さい。
また、ごちゃごちゃと書くとユーザーは目を止めてくれないので、
簡潔に書くようにしましょう!

そうすることで、ユーザーのクリック率(CTR)も上がります。

因みに、
決して、ページの内容と合致しないタイトルを設定するのは避けて下さい。

ポイント6:長さ(文字数)は32文字を目安にする

タイトルの長さは、32文字を目安にして下さい。

それ以上だと、検索結果一覧に表示された際に切られてしまうので、
ユーザーのクリック率(CTR)に影響する可能性もあります。

もし、32文字以内でページの内容を伝えるのが難しい場合には、
メタディスクリプションを使って補足すようにして下さい。

ただし、32文字を超えてもGoogleは評価してくれるので、検索には問題なく引っ掛かります。
どうしても32文字以内に抑えられない場合には、
32文字を多少はみ出しても問題ないです。

無理に短くして意味の伝わらないタイトルになる方が問題です。

ポイント7:他ページのタイトルタグと重複しないようにする

複数のページで同一のタイトルを付けるのは、決して避けて下さい。

複数ページでタイトルが重複していると、それぞれのページの評価が下がってしまいます。

まとめ

以上、7つのポイントをまとめると以下になります。

・検索結果に引っ掛けたいキーワードを必ず含める
・ターゲットとしているメインキーワードを前方に持ってくる
・ターゲットとしているメインキーワードは1つ、または、2つ(できれば1つ)に絞る
・1つのタイトルタグの中で、同一キーワードを何度も使用しない
・ページの内容が分かり易く、かつ、簡潔に伝わる内容にする
・長さ(文字数)は32文字を目安にする
・他ページのタイトルタグと重複しないようにする

何度も言いますが、タイトルタグはとても重要です。

事前にターゲットとするキーワードを決めて、それに合ったタイトルを設定するようにして下さい。

また、検索結果に表示されたときのクリック率(CTR)にも影響します。

検索結果に表示されるのは、タイトルタグメタディスクリプションのみなので、
タイトルでいかに検索ユーザーの目を引けるかが重要になってきます。

 

Googleの検索結果に表示されるタイトルが、タイトルタグの内容と異なる

Googleは、タイトルタグに設定した内容とは異なる内容を、
検索結果のタイトルに表示させることがあります。

これは、Googleがタイトルタグの内容を勝手に変えて表示させてしまう為です。

というのも、
Googleは、
タイトルタグに入れた文章の内容が薄い
■ページ本文内に、タイトルタグよりも重要だと判断した文字列がある
といった場合には、
ユーザーにとってより重要だと判断した文章をタイトルに使用します。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  2. ホームページ(homepage)
  3. システムアップデート
  4. エックスサーバー(XSERVER)
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. WEBサイト構築
  8. スパム(SPAM)対策
  9. サイト公開
  10. ネームサーバーの登録

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP