TinyMCE Advanced

【WordPress】プラグイン「TinyMCE Advanced」でビジュアルエディタを拡張

今回は「TinyMCE Advanced」というプラグインの紹介です。

インストールしておくと管理画面の機能を大きく向上してくれるので、

現在、インストール必須のプラグインの一つになっていますね。

 

主な機能としては、

WordPressのビジュアルエディタ画面のカスタマイズ

です。

 

ビジュアルエディタを拡張

プラグインをインストールして有効化すると、

管理画面左メニューの「設定」→「TinyMCE Advanced」から設定画面に移動できます。
TinyMCE Advancedの設定画面

欲しい機能があれば「使用しないボタン」からドラッグで簡単に設定でき、

逆に不要な物であればドラッグして「使用しないボタン」に移動させればOKです。

他にも「フォントサイズ」にチェックを入れると、

文字のフォントサイズを「8px 10px 12px 14px 16px 20px 24px 28px 32px 36px 48px 60px 72px 96px」に変更することも可能です。

 

カスタマイズが完了すると投稿画面に移動してみてください。

機能が増えていると思います。
【設定前】
TinyMCE Advancedのインストール前

【設定後】
TinyMCE Advancedのインストール後

これでかなり便利になりました!!

 

自動整形機能の無効化

このプラグインにはもう一つ重要される役割があります。

ビジュアルエディタ画面でよく問題になるのが、

WordPressの「自動整形機能」による「<p>タグ」「<br />タグ」タグの削除や追加です。

TinyMCE Advancedの設定画面に移動して「段落タグの保持」にチェックを入れておけば、

このタグ削除を停止してくれます。
TinyMCE Advancedの「段落タグの保持」

「自動整形機能」自体はHTMLを正規化してくれるの機能なのでありがたいのですが、

「<p>タグ」「<br>タグ」が削除されると困ることもあるので、

有効にしておいた方がいいですね。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. URL設計(URLデザイン)
  3. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  4. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  5. URL リダイレクト
  6. インデックスされない
  7. 内部対策は必要?
  8. CMS(シーエムエス)
  9. SEO業者は必要?
  10. SSL(HTTPS)

Twitter

  • 機械学習を少し勉強してみて思ったのは、Pythonがよく使われるのは便利なライブラリーが揃っているので、楽!というだけ。 多分、Pythonを使えば、数学なんて全く分からんくても、勉強して流れさえ掴めば、誰にでも出来る分野だという… twitter.com/i/web/status/1…
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP