strongタグ

strongタグのSEO効果、未だに期待していませんか?bタグとの使い分けは?

今回は、strongタグのSEO効果をまだ信頼しているの?
という話です。

strongタグにSEO効果はありません

strongタグは、特定のテキストを目立たせたい場合に、よく使用されるタグです。
※単純に太文字にすることが目的のタグではないので、間違えないようにして下さい。

strongタグ + SEO」で検索すると、以下のような情報が多数出てきます。

・SEO上、強調させたいキーワードをstrongタグで囲む
・<h1>~<h6>タグでは使用しない
・1つのページ使いすぎるのは注意(3回まで)
・strongタグを複数使用する場合には、別々のキーワードに設定した方がいい
・1つのページ内で、文章の上部・中部・下部にばらけさせる

が、strongタグにSEO効果があったというのは、昔の話しです。

確かに、strongタグがSEO上、強力な効果があると言われていた時期もありましたが、
現在は、strongタグにそんな魔法ような効果はありません。

実際に、以前、いくつかの記事を改修して、上記でまとめたようなことを検証してみましたが、
何かが変わったということはありませんでした。

仮に、まだSEO効果が残っていたとしても、無視していいレベル!
と考えていいのではないかと思います。

strongタグとbタグの使い分け

strongタグとよく似た役割を持つタグに、bタグがあります。

ブラウザ上から見れば、strongタグで囲ったテキストもbタグで囲ったテキストも、見え方は同じです。

が、本来は、

■strongタグ => テキストを太文字にする + テキストを強調する
■bタグ    => テキストを太文字にする

と、それぞれ異った役割を持っています。

要は、
テキストを太文字にして目立たせたいだけであればbタグ
単に太文字するだけではなく、強調という意味を持たせたい場合には、strongタグ
利用します。

ただ、strongタグにはSEO効果はないので、検索ランキングに影響しません。

それに、Googleのマット・カッツさんも、
Googleではstrongタグもbタグも同じように扱いますよ!」みたいなことを言われています。

であれば、ユーザー側から見ても変わらないですし、どっちを使っても問題ないです。

因みに、私は、ブログの記事を書く際、bタグよりかは、strongタグをよく使用しています。
理由は簡単です。

WordPressの投稿画面から太文字を選択すると<strong>~</strong>が挿入されるからです。
WordPressの投稿画面 strongタグ

WordPressのビジュアルエディタから記事を投稿されている方であれば、
皆さんも同様にstrongタグを利用する機会が多いのではないかと思います。

ここまで、strongタグbタグの話しをしてきましたが、
私は、実際には、どちらもそれほど使いません。
私の場合、CSSで「font-weight:bold;」を指定します。

最後に

strongタグが、Googleの検索ランキングに影響すると言われていたのは、昔の話です。
現在は、strongタグにSEO上の効果はありません。

また、strongタグbタグはユーザーからは同じように見えますが、
それぞれのタグが持つ役割は異なっています。

W3Cが定める定義をしっかりと守りたいという方には、
strongタグbタグの正しい使い分けをおすすめします。

が、Googleはどちらのタグも同様に扱うので、
そこまで神経質に使い分ける必要はありません。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP