システム開発用のアイキャッチ

【CentOS7】SSH接続時のポート番号の変更方法

SSH接続時のデフォルトのポート番号は変更しておきましょう

SSHのポート番号は、デフォルトでは「22」が設定されます。
この「22」が使われていることは、WEBサイトの制作に携わっているエンジニアであれば、
恐らく、みんな知っています。

その為、デフォルトのままだと、外部から狙われやすくなるので、
ポートは、別の番号に変更することをおすすめします。

変更方法については、以下にまとめています。

SSH接続のポート番号変更法

今回は、「2222」に変更してみます。
※変更時のポート番号は、「1024~65535」の間で決定して下さい。

「/usr/lib/firewalld/services/ssh.xml」を「/etc/firewalld/services/」へコピーします。
※「/usr/lib/firewalld/services/ssh.xml」を直接編集しないようにして下さい。
# cp /usr/lib/firewalld/services/ssh.xml /etc/firewalld/services/ssh.xml

「/etc/firewalld/services/ssh.xml」を開きます。
# vi /etc/firewalld/services/ssh.xml

で、以下のように変更して下さい。
==========================
<port protocol="tcp" port="22"/>

<port protocol="tcp" port="2222"/>
==========================

firewalldをリロードして、変更した設定を反映させます。
# firewall-cmd --reload

次に、sshdの設定ファイル(sshd_config)の編集を行います。

「/etc/ssh/sshd_config」を開きます。
# vi /etc/ssh/sshd_config

で、以下のように変更して下さい。
==========================
#Port 22

Port 2222
==========================

sshdを再起動させます。
# systemctl restart sshd.service

これで変更作業は完了です。

このあとは、
・デフォルトのポート番号「22」では接続できないこと
・変更後の新しいポート番号「2222」でSSH接続が可能なこと
の2点を確認します。

注意点!!もし、作業の途中でミスを犯していると、SSH接続できなくなってしまう場合もあります。
必ず、変更時に立ち上げていたTera Termなどのツールは落とさず立ち上げたままにして、接続テストを行って下さい。

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. アフィリエイト
  2. VPSサーバー
  3. ブログのネタ探し
  4. プログラミング
  5. SSLとは
  6. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  7. 常時SSL通信設定方法
  8. htaccessとは
  9. WordPress
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 世間は今日から新入社員が入ってくる時期か。 新卒一括採用の波に乗れんかった人間やから、 同じ日に一括で社会に放り込まれるという感覚が分からん。
    about 18時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP