Security(セキュリティ)

IPアドレスがSpamhausにブラックリスト登録された場合の解除方法

IPアドレスドメインがブラックリスト登録されてしまうことがあります。

何か悪さをしたのならまだしも、何もしていないにもかかわらず、ある日突然登録されることもあります。
※実際には、気づかないところで誰かに悪用されてしまっている場合もあるのですが。。。

今回は、Spamhausのデータベースにブラックリストされた場合の解除方法について紹介しておきます。

因みに、Spamhausとはスパムに利用されたIPアドレスやドメインを公開している団体で、
そのデータベースは多くの企業やサービスのブラックリスト対策に利用されているので、
誤登録されてしまうと厄介です。

それでは、まずは、以下のページにアクセスして下さい。
https://www.spamhaus.org/lookup/

IPアドレス(IP Address) または ドメイン(Domain)を入力する項目があるので、
該当のIPアドレス、ドメインを登録します。
Spamhaus「Blocklist Removal Center」

今回は、IPアドレスを入力します。
「IP Address」の項目を入力して、「Lookup」をクリックして下さい。

このようにスパム登録されたIPアドレスが赤字で表示されます。
Spamhaus スパム登録されたIPアドレス

IPアドレスの下に表示されている「CBL lookup」のリンクをクリックして下さい。
以下のようなページに飛ぶので、再度IPアドレスを入力して「LOOKUP」をクリックして下さい。
CBL IPアドレスをLOOKUP

次画面に遷移後、その画面の一番下まで移動して下さい。
CBL ブラックリストからREMOVE
「REMOVE」というボタンがあるのでクリックすると、ブラックリストから削除依頼が完了です。

CBL ブラックリストからの削除依頼完了

これでしばらくするとブラックリストから削除されます。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. URL設計(URLデザイン)
  3. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  4. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  5. URL リダイレクト
  6. インデックスされない
  7. 内部対策は必要?
  8. CMS(シーエムエス)
  9. SEO業者は必要?
  10. SSL(HTTPS)

Twitter

  • 機械学習を少し勉強してみて思ったのは、Pythonがよく使われるのは便利なライブラリーが揃っているので、楽!というだけ。 多分、Pythonを使えば、数学なんて全く分からんくても、勉強して流れさえ掴めば、誰にでも出来る分野だという… twitter.com/i/web/status/1…
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP