データ転送

rsyncでデータ転送時にSSHポート番号を指定する方法

データを転送する際に、rsyncを利用して転送する機会って多いと思います。

例えば、サーバ移転の際に、移管元サーバから新サーバへ画像やHTMLなどのコンテンツを一括で転送する場合などは便利です。

具体的には、以下のようなコマンドを叩けば簡単に実行できますね。
# rsync -tav /var/www/html/old/ example@173.24.194.215:/var/www/html/new/

ただ、
移行先のサーバではSSHのポートをデフォルトの「22」から別の番号に変更している場合もあります。

その場合には「-e "ssh -p ポート番号"」を指定すればOKです。

例えば、
新サーバ側のsshのポート番号が「2762」だとすると、
以下のようなコマンドになります。

# rsync -e "ssh -p 2762" -tav /var/www/html/old/ example@173.24.194.215:/var/www/html/new/

これでOKです。
移管先の新サーバのSSHのポート番号がデフォルトの「22」から変更されている場合には、試してみて下さい!

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP