レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ

不動産会社におすすめのレンタルサーバーは?

不動産会社におすすめのレンタルサーバーは?

不動産会社さんのWEBサイト

弊社では、主に不動産会社さんのWEBサイトを作成しています。
※厳密には、不動産以外のWEBサイトも作成はしています。

で、今回は中小の不動産会社向けのレンタルサーバーを紹介します。
※大手の不動産業者さんの場合は、サイトの規模などを考えるとレンタルサーバーでは不十分で、
 通常はお金と人員を掛けて自社(または外部委託)で構築・管理されている場合が多いので、こちらの記事は参考になりません。

不動産会社さんの場合、メインとなるページは物件検索システムです。

通常は、ASPサービスを利用、またはWordPressもしくはオリジナルで作成されている場合が多いです。
ただ、1社で登録される物件数はたかが知れていて、多くても物件数は1,000件程度です。

あとは、会社概要、スタッフ紹介、スタッフブログ、お問い合わせフォーム、会員登録フォーム、個人情報の取り扱い、サイトマップ、などのページですが、
この程度であればメモリの消費量もごく僅かですし、ファイル容量もたかが知れています。

この辺を考慮すると、中小の不動産会社さんのWEBサイトは中規模程度と考えていいです。

中規模サイトであれば、エックスサーバーConoha WING、あとはmixhostのいずれかがおすすめです。
この3つのレンタルサーバーであれば、月額で1,000円前後で利用でき、しかも高スペックなので、WEBサイトはサクサク動作します。

おすすめのレンタルサーバー

エックスサーバー

日本国内で一番人気のレンタルーサーバーの1つで、12ヶ月利用の場合で、月額1,000円で利用できます。

エックスサーバーの利用料金

エックスサーバーのデメリットを上げるとすると、初期費用が3,000円掛かることです。
高額ではないですが、それでも初期費用を節約したいという場合には、時々、初期費用無料のキャンペーンも実施されているので、そのタイミングでの契約をおすすめします。

プランは、X10、X20、X30の3つが用意されていますが、中規模サイトであればX10プランで十分です。

料金の詳細は以下のページで確認して下さい。
エックスサーバーのご利用料金

Conoha WING

国内最速を謳っているレンタルサーバーで確かに表示速度はかなり速いです。
ただ、エックスサーバーやmixhostも十分に表示速度は速いので、大きな差はないです。

「WINGパック」と「通常」の2種類のサービスがあり、
いずれも「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3つのプランが用意されています。

おすすめは「通常」サービスで、1時間ごとに課金されるシステムになっています。
その為、いつでも直ぐにサービスを止めることができ、最低利用期間のような決まりも無いので利用した分のみ課金され、「ベーシック」プランだと1ヶ月いっぱい使っても1,200円までです。
Conoha WINGの利用料金

中規模サイトであれば、「ベーシック」プランで表示速度も問題なくサクサク動作してくれます。

ただ、WordPressを利用されていて、1,000件以上物件を登録される場合には、「スタンダード」以上を検討されることをおすすめします。

料金の詳細は以下のページで確認して下さい。
Conoha WINGのご利用料金

mixhost(ミックスホスト)

月額880円~利用できるレンタルサーバーで、現在は「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」「ビジネスプラス」の4つのプランが提供されています。

中規模程度のサイトであれば一番低価格の「スタンダード」プランで十分です。

もし、WordPressを利用されていて、1,000件以上物件を登録される場合には、「プレミアム」か「ビジネス」を検討されることをおすすめします。

料金の詳細は以下のページで確認して下さい。
mixhostのご利用料金

 

利用しないで欲しいレンタルサーバー

WEB制作の仕事をしていると、利用して欲しくないレンタルサーバーも結構あります。
その中でも、「お名前.com」と「アルファメール」のレンタルサーバーに関しては、申し訳ないですが、絶対に利用を避けて頂きたいです。

「お名前.com」は、単純に表示速度が遅いためです。

「アルファメール」に関しては、「無料の独自SSLを利用できない」「管理画面・コントロールパネルが使いにくい」「PHP7.2までしか利用できない(※2021年2月1日現在)」など、いろいろあります。

「お名前.com」ほどではないですが、「アルファメール」も表示速度は遅いです。
「独自SSL」に関しても、外部で格安SSLを取得てインストールしているので手間です。
※「アルファメール」の有料SSLオプションもありますが、月額で3,800円~なので高いです。

「PHP7.2」までしか利用できないというのも問題です。
他のレンタルサーバーと比較しても、プログラミング言語のバージョンアップはかなり遅いです。

でも、なぜかこの2つのレンタルサーバーを使っている業者さんって結構多いです。
しかも、このレンタルサーバーを利用されている業者さんに限って、他社への移管を進めても聞き入れて貰えません。。。

最終的にどのレンタルサーバーを利用されるかはお客さんが決められることなので、開発会社は強制はできません。
ただ、これらのレンタルサーバーの利用は極力避けて頂きたいです。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. サーバー
  2. リマーケッター
  3. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  4. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  5. ホームページを活用
  6. Perl(パール)
  7. Perl(パール)
  8. ホームページを活用
  9. データ転送
  10. サーバ
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP