PL(プロジェクトリーダー)とは

PL(プロジェクトリーダー)は何をやるの?【IT業界】

PL(プロジェクトリーダー)について

IT業界において、
PL(プロジェクトリーダー)って何をやるの?」という話しです。

まず、PLとはプロジェクト全体の管理を行う責任者のことです。
プロジェクトを進行していく立場なので、
基本的に実作業(設計書作成やプログラミング、テストなど)は行いません。

私が見てきた限り、精神的に一番きつい立場です。
会社からも責められ、お客さんからも責められ、と板挟みになっているのを、
社会人になってすぐの頃に見て、なぜか私自身も辛くなったのを覚えています。

システム開発の世界において上に行くにはPLを経験する必要がありますが、
精神面で弱い人間だと、途中で心が折れてしまいます。

PLをやる自信が無い方は、
早い内に、フリーランスになるかプログラマーとして会社に残るかの覚悟を決めた方がいいです。

PLの主な仕事は?

私個人の考え方ですが、
極論を言えば、
・正確な工数計算
・スケジュール管理
の2点が完璧に行えていれば、PLとしての仕事はほぼ100点だと思います。

というのも、
工数計算さえしっかりと出来ていれば、会社として儲けが出ます。
また、スケジュール管理出来ていれば、納期で揉めることもないですし、1つの案件が終われば、直ぐ、次の案件に移れます。

ただ、そのためには、
・顧客折衝
・チームの作成(採用も含めた人員集めと配置)
・開発メンバーのケア
などもしっかりとやっておく必要があります。

お客さんとのコミュニケーションをしっかりと取っておくことで、仕様漏れや仕様の誤りも減らせます。
※ある程度案件が進行してから、「ここの仕様が間違っています」と指摘されると、えらいことになります。

メンバー集めも重要です。
やはり、ある程度できる人を集めることが出来れば、進行も楽に行えます。

それに、開発メンバーが途中で飛んでしまうなどとなれば、
急遽、代わりのメンバー集めになり、スケジュールに大きく影響します。

【まとめ】
なので、
PLにとって一番重要なのは、
・正確な工数計算
・スケジュール管理
の2点です。

ただし、この2点を達成するためには、
・顧客折衝
・チームの作成(採用も含めた人員集めと配置)
・開発メンバーのケア
もしっかりと行っておく必要があります。

PLに向いているのはどんな人間?

・コミュニケーション能力の高い人
・問題解決能力の高い人
・精神的に強い人
・チームメンバーに気を使える人
の4点だと思っています。

コミュニケーション能力が必要なのは言うまでもないですが、
問題が発生した際に、そこで止まらずに押し進めていける能力は非常に重要です。

「チームメンバーに気を使える人」などは甘いとも言われそうですが、
今の時代、下についている開発メンバーへの気遣いが出来るということも大切です。
チームが崩壊すると、案件が途中で止まってしまうということあり得ます。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP