プログラミング

プログラマー以外もプログラミング学習は必要?

最近よく耳にするようになったのが、
プログラマー以外もプログラミングを学習すべき
という意見です。

今回は、
プログラマーの立場から、「プログラマー以外にもプログラミング学習が必要なのか?」ついて考えてみました。

プログラマー以外にもプログラミング学習が必要なのか?

まず、結論から言うと、
プログラミング学習は不要です。

システム開発の現場にいない人間が学習しても、学習する時間が無駄だからです。

それよりも、
自分が仕事をする上で必要となるスキル習得に時間を使った方が有意義です。
IT企業に勤める営業の方であれば、ITパスポートの資格の勉強をされるのもおすすめです。

言葉は悪いですが、
プログラミング学習したからと言って、
業務でプログラミングを行ったこともない人間がいろいろ口を出してきても、現場の人間をイラつかせるだけです。
※プログラミングに直接関係しない部分(例えば、仕様など)に関する意見などは別です。

それと、プログラマー以外がプログラミング学習する理由の一つに、
打ち合わせでプログラマーと話すときに、有利になる」と言われているのも聞いたことがあります。

これに関しても、考えてみます。

プログラミングを学習すればプログラマーとの打ち合わせが有利になる?

はっきりと言って、
打ち合わせの際に直接的なプログラミングの話しをする機会はほとんどありません。

どのようなロジックにするか?
どのようにコードを書くか?
などは、打ち合わせが終わった後にプログラマー同士で考えることです。

コードの書き方を知っていても、打ち合わせの場でその知識を使うことは無いです。

それと、打ち合わせの場で、「システムの実装が可能かの判断」が必要になることもあります。
が、
システムの実装が可能かの判断」かなんて、
(ものすごく頭のいい方であれば別ですが、)
普通の人間は、システム開発の現場で業務を行ってある程度の経験を積んでいないと、出来ないです。

この「エンジニアとの打ち合わせが有利になる?」という意見は、軽く考えすぎていると思います。

業務でプログラミング知識を活かすには?

もし、プログラミングを学習をしてそれを活かしたのであれば、
1年くらいは実際にシステム開発の現場に入って下さい。
もしくは、大き目の案件をプログラマーとして2、3案件担当してみて下さい。

そうすれば、
システム開発全体の流れも把握できて、
どのように指示を出せば、開発現場がスムーズに進むか?
も理解できるようになります。

それに、
社内の打ち合わせでも、プログラマーとスムーズに話しを出来るようになります。

外注に見積もりを依頼する場合には、出てきた金額が妥当かどうかの判断を出来るようになります。

逆に、外注として仕事を受ける場合でも、
相手方のシステム担当者とスムーズに打ち合わせを行えるようになります。

これは、英語学習と同じです。
学習しても、実際に使わないと何も身に付きません。

プログラミングを学習して実際に業務で活かしたいのであれば、
実際に開発現場を経験してみて下さい。

むしろ、プログラミングは習得できなくてもいいので、
実際にの開発現場でシステム開発の流れを学習して下さい。

そして、どのように指示を出せばプログラマーが作業しやすいかを学んで下さい

個人的には、それが一番重要だと思っています。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  2. アフィリエイト
  3. VPSサーバー
  4. ブログのネタ探し
  5. プログラミング
  6. SSLとは
  7. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  8. 常時SSL通信設定方法
  9. htaccessとは
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • リモートやってみて分かったこと。 会社って意外と仕事に集中できていなかった。 当たり前か。会社って、別に落ち着ける空間じゃないですからね。
    about 4日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP