WP:WordPress(ワードプレス)

【WordPress】プラグイン「Password Protected」で認証設定

Password Protected」というプラグインの紹介です。

こちらは、WordPressで運用しているサイト全体に認証を設定できる便利なプラグインです。

サイトに認証設定を掛ける場合には、プラグイン「WP Basic Auth」でベーシック認証を設定することが多いですが、
こちらのプラグインも便利なので、興味のある方は一度使ってみて下さい。

 

まず、プラグインをインストール後に有効化すると、

管理画面左メニューの「設定」→「パスワード保護」から設定画面に移動できます。
Password Protected 設定画面

設定内容は以下になります。

■パスワード保護状況
「有効」にチェックを入れる

■許可する権限
「管理者を許可する」にチェックを入れる
 => WordPressに管理者権限でログイン済みであれば、パスワードなしでアクセスできます。
「ログインしたユーザーを許可する」にチェックを入れる
 => WordPressにログイン済みのユーザーは、パスワードなしでアクセスできます。
「RSS フィードを許可する」にチェックを入れる
 => RSSフィードにパスワードなしでアクセスできます。

■新しいパスワード
ログイン時に入力するパスワードを設定します。

■許可する IP アドレス
登録したIPアドレスからのアクセスであれば、パスワードなしでアクセスできます。
アクセスするユーザーのIPアドレスが固定されている場合などに

 

必要に応じて設定を行ってください。

設定完了後に公開側のページにアクセスすると、以下の様な画面が出てきて、パスワードを求められます。Password Protected 公開ページ

作成中のサイトなどを保護するのに役立つプラグインですね。

設定方法も簡単なので、非常に助かります!

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP