VPSサーバー

【VPS】おすすめのVPSサーバーはこの4つだ!初心者にもおすすめです。

おすすめのVPSをまとめてみました。

弊社でもVPSを利用する機会は多く、
その経験から、私が個人的にいいなと思ったものを4つ(GMOクラウドConohaカゴヤ(KAGOYA)さくらインターネット)選んでいます。

良ければ、VPSを選ぶ際の参考にして頂ければと思います。

その前に、VPSについてもまとめておきます。

VPSとは

VPSとは、日本語では「仮想専用サーバー」といい、レンタルサーバーの一つです。

一般的には、「レンタルサーバー=共用サーバーという」と認識されていますが、
本来はレンタルするサーバーの事をレンタルサーバーというので、VPSもレンタルサーバーの一つになります

1台のサーバーを複数の人間で共有して利用することになりますが、
共用サーバーとは異なり、専用サーバーと同様の権限を持つために、自由にミドルウェアをインストールして利用することが出来ます。

その為、自分でApacheをインストールしたり、データベースをインストールしたり、プログラム言語をインストールしたり、
と、共用サーバーと比べると手間も増えますが、
自分の目的に合ったバージョンのミドルウェアをインストールすることが出来ます。

その為、非常に使い勝手のいいレンタルサーバーとなります。
ざっくりと言えば、共用サーバーと専用サーバーのいいとこどり」のようなサーバーになります。

それでは、おすすめのVPSを紹介していきます。

おすすめのVPS

まずは、簡単な比較表です。

GMOクラウドConohaカゴヤ(KAGOYA)さくらのVPS
おすすめプラン4GBプラン2GBプランOpen VZのSSD 6コア2Gプラン
料金780円(1GB)~/月620円(512MB)~/月24円~/日(660円~/月)585円(512MB)~/月
初期費用4,000円無料無料無料
お試し期間15日間 ※6GB以上のプランはなしなしなし14日間

GMOクラウド

レンタルサーバー大手のGMO提供するVPSです。

GMOクラウドのVPS

他サーバーと比べると、初期費用4,000円掛かるのが痛いですが、
高スペックで、弊社でもGMOクラウドのVPSを使って数社サイトを運用していますが、
何の問題もなくサクサク動作しています。

GMOクラウドのVPSサーバーの価格

4GBプラン以下であれば「15日間無料お試し期間」も付いているので、
まずは無料で試してみて下さい。

VPS(仮想専用サーバー)|GMOクラウド

Conoha

ConohaもGMOが運用するVPSです。

ConohaのVPSサーバー

こちらのVPSの特徴は、時間単位で課金される点です。
最低利用期間や初期費用もなく、使用した分だけを支払えばOKです。

ConohaのVPSサーバーの価格

おすすめは2GBプランですが、最小だと512MBのプランから用意されています。

ストレージにはSSDを採用し高速で動作しますが、
ディスク容量は100Gのために、それ以上の大容量のVPSをお探しの方には向いていません。

因みに、個人でも2GBプランのVPSを借りていますが、
今までに大きなトラブルもなく、サイトもサクサク表示されているので、おすすめのVPSです。

VPSならConoHa|登録者数17万アカウント突破

カゴヤ(KAGOYA CLOUD VPS)

カゴヤ・ジャパンが提供するVPSです。
GMOと同じく、レンタルサーバーの業界では大手で、安心して利用できるVPSの一つです。

カゴヤのVPSサーバー

初期費用がなく、日単位での課金になるので、月途中で解約しても無駄なコストが掛かりません。

現在は、KVMとOpenVZの2つのサービスが用意されていて、
予算や用途によって使い分けることができます。

カゴヤのVPSサーバー「KVM」の価格

カゴヤのVPSサーバー「OpenVZ」の価格

KVMは大規模なWEBサイト運用時の上級者向けのサーバーになっており、
OpenVZは、1台単位でサーバーを利用したい方向けのサーバーです。

OpenVZの方が低価格で、弊社でも数サイトで利用していますが、
中規模程度のWEBサイトであれば、OpenVZで問題なくサクサク動作してくれます。

【KVM】
・大規模WEBサイト向け
・ストレージはSSLのみ
・インスタンスの構成やIPアドレス変えずに、即座にスペックを変更することができる

【OpenVZ】
・サーバーを1台単位で利用したい方向け
・ストレージはHDDとSSLから選択可
・他社のVPSと比較すると、ストレージの容量は大きめ
・KVMよりも低価格
・インスタンスの構成やIPアドレス変えずに、即座にインスタンスタイプを変更することができる

VPSならKAGOYA CLOUD VPS-初期費用無料|レンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

さくらのVPS

レンタルサーバーの老舗、さくらインターネットが提供するVPSです。

さくらインターネットのVPSサーバー

14日間のお試し期間」が付いていて、初期費用無料も無料のため、安心して利用を開始できます。
さくらのVPSの価格

また、全プランSSD対応していて、スペックも申し分ありません。

サービスの継続歴も長く、運営会社の「さくらインターネット」の知名度も高いので、その点でも安心しておすすめできるVPSです。
弊社のお客様の中でも、利用されている方が一番多いVPSです。

VPS(仮想専用サーバー)|さくらインターネット

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. アフィリエイト
  2. VPSサーバー
  3. ブログのネタ探し
  4. プログラミング
  5. SSLとは
  6. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  7. 常時SSL通信設定方法
  8. htaccessとは
  9. WordPress
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP