VPSサーバー

【VPS】おすすめのVPSサーバーはこの4つだ!初心者にもおすすめです。

おすすめのVPSサーバーをまとめてみました。

弊社でもVPSサーバーを利用する機会は多く、
その経験から、私が個人的にいいなと思ったものを4つ(ConohaGMOクラウドカゴヤ(KAGOYA)さくらインターネット)選んでいます。

良ければ、VPSサーバーを選ぶ際の参考にして頂ければと思います。

その前に、VPSサーバーについてもまとめておきます。

VPSサーバーとは

VPSサーバーとは、日本語では「仮想専用サーバー」といい、レンタルサーバーの一つです。

一般的には、「レンタルサーバー=共用サーバーという」と認識されていますが、
本来はレンタルするサーバーの事をレンタルサーバーというので、VPSサーバーもレンタルサーバーの一つになります

1台のサーバーを複数の人間で共有して利用することになりますが、
共用サーバーとは異なり、専用サーバーと同様の権限を持つために、自由にミドルウェアをインストールして利用することが出来ます。

その為、自分でApacheをインストールしたり、データベースをインストールしたり、プログラム言語をインストールしたり、
と、共用サーバーと比べると手間も増えますが、
自分の目的に合ったバージョンのミドルウェアをインストールすることが出来ます。

その為、非常に使い勝手のいいレンタルサーバーとなります。
ざっくりと言えば、共用サーバーと専用サーバーのいいとこどり」のようなサーバーになります。

それでは、おすすめのVPSサーバーを紹介していきます。

おすすめのVPSサーバー

まずは、簡単な比較表です。

ConohaGMOクラウドさくらのVPSカゴヤ(KAGOYA)
おすすめプラン2GBプラン4GBプラン2GプランOpen VZのSSD 6コア
料金1円~/時、682円(512MB)~/月858円(1GB)~/月643円(512MB)~/月24円~/日(660円~/月)
初期費用無料4,400円無料無料
お試し期間最大1ヵ月15日間 ※6GB以上のプランはなし14日間なし

Conoha VPS

GMOが運用するVPSサーバーで、一番おすすめなのがこちらです。

ConohaのVPSサーバー

こちらのVPSサーバーの特徴は、時間単位で課金される点です。
最低利用期間や初期費用もなく、使用した分だけを支払えばOKです。
※現在は長期利用を想定したプランも用意されいます

おすすめは2GBプランですが、最小だと512MBのプランから用意されています。
ConoHa VPS「通常料金」

ストレージにはSSDを採用し高速で動作します。
ただ、ディスク容量は100Gのために、それ以上の大容量のVPSサーバーをお探しの方には向いていません。
※ディスクは「200G」はたは「500G」を選択して追加することも可能にはなっています。

因みに、個人でも2GBプランのVPSサーバーを借りていますが、今までに大きなトラブルもなく、サイトもサクサク表示されているのでおすすめのVPSです。

他にも、以下のような特徴があります。

1、「KUSANAGI搭載の世界最速級WordPressサーバー」や「LAMP サーバー」「Minecraft(マインクラフト)マルチサーバー」など、使いたいサーバーが自動構築後、すぐに利用開始できます。
 ※ConoHaで無償提供されている豊富な種類のテンプレートを利用することで、誰でも簡単にサーバーを自動構築できます。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓
ConoHa VPSのテンプレート詳細はこちら

2、3ヵ月以上のご利用の場合には、お得な長期利用割引サービス「VPS割引きっぷ」を利用すると、通常料金から最大17%OFFで利用できます。
※今なら、VPS割引きっぷが通常料金から最大20%OFFになるキャンペーンを実施中です。※2021年3月31日まで実施

3、WEB広告限定キャンペーンページからアカウント登録(登録無料)すると最大1ヵ月無料相当の700円分クーポンがアカウントに自動付与されます。

ConoHa VPSの700円クーポンで最大1ヵ月無料で試せる

さくらのVPS

レンタルサーバーの老舗、さくらインターネットが提供するVPSです。

さくらインターネットのVPSサーバー

14日間のお試し期間」が付いていて、初期費用無料も無料のため、安心して利用を開始できます。
さくらインターネット VPSサーバーの料金表

また、全プランSSD対応していて、スペックも申し分ありません。

サービスの継続歴も長く、運営会社の「さくらインターネット」の知名度も高いので、その点でも安心しておすすめできるVPSサーバーです。
弊社のお客様の中でも、利用されている方が一番多いVPSサーバーです。

VPS(仮想専用サーバー)|さくらインターネット

GMOクラウド

Conohaと同じくGMOが運用するVPSサーバーです。

GMOクラウドのVPS

他サーバーと比べると、初期費用4,400円掛かるのが痛いですが、
高スペックで、弊社でもGMOクラウドのVPSサーバーを使って数社サイトを運用していますが、
何の問題もなくサクサク動作しています。

GMOクラウドのVPSサーバーの価格

4GBプラン以下であれば「15日間無料お試し期間」も付いているので、
まずは無料で試してみて下さい。

VPS(仮想専用サーバー)|GMOクラウド

カゴヤ(KAGOYA CLOUD VPS)

カゴヤ・ジャパンが提供するVPSサーバーです。
GMOと同じく、レンタルサーバーの業界では大手で、安心して利用できるVPSサーバーの一つです。

カゴヤのVPSサーバー

初期費用がなく、日単位での課金になるので、月途中で解約しても無駄なコストが掛かりません。

現在は、KVMとOpenVZの2つのサービスが用意されていて、
予算や用途によって使い分けることができます。

カゴヤのVPSサーバー「KVM」の価格

カゴヤのVPSサーバー「OpenVZ」の価格

KVMは大規模なWEBサイト運用時の上級者向けのサーバーになっており、
OpenVZは、1台単位でサーバーを利用したい方向けのサーバーです。

OpenVZの方が低価格で、弊社でも数サイトで利用していますが、
中規模程度のWEBサイトであれば、OpenVZで問題なくサクサク動作してくれます。

【KVM】
・大規模WEBサイト向け
・ストレージはSSLのみ
・インスタンスの構成やIPアドレス変えずに、即座にスペックを変更することができる

【OpenVZ】
・サーバーを1台単位で利用したい方向け
・ストレージはHDDとSSLから選択可
・他社のVPSサーバーと比較すると、ストレージの容量は大きめ
・KVMよりも低価格
・インスタンスの構成やIPアドレス変えずに、即座にインスタンスタイプを変更することができる

VPSならKAGOYA CLOUD VPS-初期費用無料|レンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン

最後に

以上、私のおすすめするVPSサーバーを4つ紹介しました。
それぞれに特徴があるので、こちらのページを参考にして頂き、ご自分の環境にあったサーバーをお選びいただければと思います。

もし、どのVPSサーバーを選んでいいのか分からないという場合には、まずは「ConoHa VPS」を使ってみて下さい。

仕事だけではなく個人でも使っているくらいにお気に入りのVPSサーバーで、お客さんのサイトでも利用することがあります。
WEBサイトもサクサク動作していますし、なんと言っても、時間単位での課金になるので、気軽に利用開始できるのが便利ですね。

因みに、もし共用サーバーをお探しの場合には、Conoha WINGがおすすめです。

VPSサーバーと同様に気軽に利用開始できるシステムになっています。
それに、「Conoha WING」は国内最速を謳っているだけあって、WordPressを使ったサイトもサクサク動作してくれるのが嬉しいですね!

「Conoha WING」の申し込みはこちら↓

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. サーバー
  2. リマーケッター
  3. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  4. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  5. ホームページを活用
  6. Perl(パール)
  7. Perl(パール)
  8. ホームページを活用
  9. データ転送
  10. サーバ
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP