レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ

初心者にもおすすめのレンタルサーバーはエックスサーバーとmixhostの2つです!

こちらの記事では、私がおすすめするレンタルサーバーを紹介します。

最近は、安くて高機能、高速なレンタルサーバーが増えてきたので迷うところですが、
私は以下の2サーバーのいずれかをおすすめしています。

■エックスサーバー(XSERVER)
■mixhost(ミックスホスト)

いずれのサーバーにおいても、

・WordPressを簡単にインストールできる
・無料SSLの利用が可能
・お手頃な価格
・高機能、高パフォーマンス
・ストレージには高速のSSDを採用
・無料のバックアップ機能あり ※エックスサーバーの場合、復元には費用が掛かります

という点は共通しています。

また、2社共にマルチドメイン無制限サブドメイン無制限なので、
複数サイト運営されるアフィリエイターの方にもおすすめです。

さらに、メールアカウントも無制限なので、社員数が多い企業でも安心して利用できます。
※もちろん、サーバー容量には上限があるので、限度はありますが。

レンタルサーバーの比較表

まずは、比較しやすいように簡単にテーブルでまとめておきます。

エックスサーバー(XSERVER)mixhost(ミックスホスト)
おすすめプランX10プランスタンダード
料金1,000円~880円~
初期費用3,000円なし
自動バックアップ機能あり 過去14日分 ※復元は有料あり 過去14日間
マルチドメイン無制限無制限
サブメイン無制限無制限
メールアカウント無制限無制限
データベースMySQL、SQLiteMariaDB
WEBサーバーnginxLiteSpeed
無料SSL利用可利用可
Cron利用可利用可
SSH利用可利用可
WordPressの簡単インストール利用可利用可
.htaccess利用可利用可

 

エックスサーバー(XSERVER)

エックスサーバー(XSERVER)

ブロガーやアフィリエイトをされている方に特に評判のいい、人気のレンタルサーバー老舗です。
もちろん、企業サイトなどでも使用されていて、分野問わず、おすすめのレンタルサーバーです。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

【特徴】
WEBサーバーにはApacheではなく、Nginxを採用しており、
大量の同時アクセスが発生した場合でも、高速で、安定して動作するのが特徴です。

【おすすめする理由】
■高速・高スペックで、大量アクセス時の負荷にも強い
■抜群の安定性
■利用者が多く運用歴も長い為、ネット検索で出てくる情報量が多い
■サポートが親切で丁寧
 →サポートの対応が悪いと心が折れそうになるので、これ、とても重要です!

【その他】
■初期費用が3,000円掛かり、利用期間も3ヶ月~となっているので、その分、他のレンタルサーバーよりも初期に掛かる費用が少し高くなる
■バックアップ機能は無料で搭載されているが、復元は有料

バックアップの復元に掛かる費用は以下です。
サーバー領域データ … ご指定の日のWeb・メールデータ(税抜:10,000円)
MySQLデータベース … ご指定の日の特定のデータベース1つ(税抜:5,000円)

参考ページ:自動バックアップ機能 | レンタルサーバー【エックスサーバー】
また、料金についての詳細は、以下のページを参照して下さい。
参考ページ:料金 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

 

mixhost(ミックスホスト)

mixhost(ミックスホスト)

こちらも高速なサーバーとして知られており、アフィリエイターを中心に人気のあるレンタルサーバーです。

レンタルサーバーならmixhost

【特徴】
WEBサーバーに、最近シェアを伸ばしてきているLiteSpeed(ライトスピード)を採用しており、
高速に動作するのが特徴です。

あと、アダルトサイトも許可しているレンタルサーバーになります。
本来は大したことではないですが、気にする方もいます。
案件で使用する場合には、念の為にお客さんにその点も説明しておいた方がいいです。

【おすすめする理由】
■WEBサーバーにLiteSpeed(ライトスピード)を採用した国内初のレンタルサーバー
■自動バックアップ機能が標準搭載で、バックアップデータの復元も無料

【LiteSpeed(ライトスピード)とは】
LiteSpeedは、Apacheと高い互換性を持ちながら、Apacheよりも軽量で、高速に動作すると言われているWEBサーバーです。

バックアップ機能について
遠隔地にあるデータセンターに過去14日分のバックアップデータが保管されています。
その為、誤ってデータを消してしまった場合やバージョンアップでエラーが発生した場合でも、
データを元に戻すことができるので安心です。

参考ページ:自動バックアップからファイル/データベースの復元 – mixhost ヘルプ&サポート
参考ページ自動バックアップ&リストア機能リニューアルのお知らせ | mixhostニュース
料金についての詳細は、以下のページを参照して下さい。
mixhost(ミックスホスト) 利用料金
mixhost(ミックスホスト)については、以下のページでもまとめているので、そちらを参照してください。
参考:mixhost(ミックスホスト)が高速な理由

 

最後に

ネット上の情報量や実績などを考慮すると、どちらかと言えばエックスサーバーを押しています。
ただ、エックスサーバーは初期費用が掛かる分、多少高く感じる方もいらっしゃいます。

その場合は、mixhost(ミックスホスト)をおすすめする、という感じにしています。

1点付け加えておけば、
かなりのアクセス数を度見込んでいるサイトの場合、
アクセスが込み合う時間帯にはサーバーに負荷が掛かってしまいます。
その場合、同時アクセス数が増えた場合でも比較的安定して運用できるNginxを採用したエックスサーバーをおすすめします。
※月間で数百万単位でアクセスがあるようなサイトであれば、そもそもレンタルサーバー(共用サーバー)では耐えられないので、
 お金が掛かりますが、専用サーバーを借りるなり、自社で強力なサーバーを構築されることをおすすめします。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  2. アフィリエイト
  3. VPSサーバー
  4. ブログのネタ探し
  5. プログラミング
  6. SSLとは
  7. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  8. 常時SSL通信設定方法
  9. htaccessとは
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • リモートやってみて分かったこと。 会社って意外と仕事に集中できていなかった。 当たり前か。会社って、別に落ち着ける空間じゃないですからね。
    about 4日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP