DNSレコードの登録

【お名前.com】DNSレコードの登録方法

こちらの記事では、取得したドメインサーバーとを紐づけるために必要なDNSレコードドメイン管理はお名前.comで行います。

登録するDNSレコード

■ホームページを公開するために登録が必要なDNSレコードをAレコード
■自分のドメインを使って発行したメールアドレスでメールの受信を行うために必要なDNSレコードをMXレコード
といいます。

今回は、この2種類のDNSレコードの登録を行います。

AレコードでドメインとWEBサーバーを紐づけ

ホームページを公開する際に、ドメインとWEBサーバーを紐づけるために登録するレコードをAレコードといい、
基本的には以下の2レコードを登録してください。
レコード①:example.com A 300 156.12.212.52
レコード②:www.example.com A 300 156.12.212.52
※ドメイン「example.com」とIPアドレス「156.12.212.52」は自身のものに置き換えてください。

wwwありのURLへのアクセスを許可してしなければ、レコード①のみの登録でも問題はないです。

が、通常は両方のURLへアクセス出来るようにする場合が多いので、
両レコードの登録をおすすめします。
※勿論、.htaccessを使って、URLの正規化(wwwなしのURLに統一)は行ってください。

 

MXレコードでドメインとメールサーバーを紐づけ

通常は、取得したドメインでメールアドレスを発行することも多いです。
その場合、発行したメールアドレスでメールを受信するためにMXレコードというもを追加する必要があります。

具体的には、以下のような2レコードを追加してください。
レコード③:mail.example.com A 300 156.12.212.52
レコード④:example.com MX 100 mail.example.com 10
mail.example.comというAレコードを追加して、そのレコードをMXレコードの値として登録するイメージです。

実際にはAレコード(レコード①)の登録のみでも、発行したメールアドレスで他者からのメールを受け取ることは可能です。
ただし、いろいろと問題が発生することもあるので、必ずMXレコードを登録されることをおすすめしてます。

通常、共用サーバーを借りる場合には、WEBサーバーもメールサーバーも同じサーバーを利用されることがほとんどです。

ただ、WEBサーバーとメールサーバーを別々に用意される場合もあります。

その場合、レコード③の登録は不要になります。
代わりに、メールサーバーの管理元から指示された値をレコード④(MXレコード)に登録します。
例えば、GMail(Gメール)を独自ドメインで利用する場合や、さくらインターネットのメール専用プラン(さくらのメールボックス)のようなサービスを利用す場合です。

 

お名前.comでのDNSレコードの登録方法

ここからは、DNSレコードの登録方法について説明します。

今回であれば、hpkaisetsu.meというドメインを使って説明するので、
登録するのは以下の4レコードになります。

レコード①:hpkaisetsu.me A 300 156.12.212.52
レコード②:www.hpkaisetsu.me A 300 156.12.212.52
レコード③:mail.hpkaisetsu.me A 300 156.12.212.52
レコード④:hpkaisetsu.me MX 100 mail.hpkaisetsu.me 10

まずは、お名前.com Naviページhttps://www.onamae.com/domain/navi/domain.html)へログインしてください。

以下の画面に遷移するので、グローバルメニューにある「DNS」を選択してください。
お名前.com DNSメニューを選択

お名前.com「ドメインのDNS関連機能設定」
ドメインのDNS関連機能設定」を選択して、「次へ」をクリックしてください。

お名前.com 該当のドメイン選択
お名前.comで取得済みのドメインの一覧が表示されるので、該当のドメインを選択して「次へ進む」をクリックしてください。

お名前.com「DNSレコード設定を利用する」
DNSレコード設定を利用する」の右横の「設定する」をクリックしてください。

以下のようなDNSのレコード登録画面に遷移するので、上記で説明した4レコードを追加していきます。
お名前.com DNSレコード追加画面

追加作業が完了すると、このような感じで表示されていると思います。
お名前.com 追加するレコード

で、最後に、画面下部にある「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」にチェックを入れてください。
お名前.com「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」
※お名前.com上でDNSレコードの設定を行う場合には、お名前.comのネームサーバーを利用することになります。

確認画面へ進む」をクリックして、確認画面に遷移してください。

お名前.com DNSレコード登録確認画面
設定する」をクリックして、DNSレコードの登録を完了させてください。

これで、DNSレコードの登録は完了です。

登録した内容が実際に反映されるまでには、少し時間が掛かります。
ほとんどの場合10分も掛からずに反映されますが、稀に数時間掛かる場合もあるので、
この後、切り替わるまでしばらく待ってください。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  2. ホームページ(homepage)
  3. システムアップデート
  4. エックスサーバー(XSERVER)
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. WEBサイト構築
  8. スパム(SPAM)対策
  9. サイト公開
  10. ネームサーバーの登録

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 最近の文章校正ツールは、「Javascript」と書くと、「s」が小文字になってることまで教えてくれる。 こんな細かいところまでチェックしてくれるのは助かる。 #文章校正
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP