Database(DB:データベース)

ON DUPLICATE KEY UPDATE

CSVなどからデータを取得して、

データベースへ取り込む際、

良くある方法としては、

 

・ユニークとなる項目をキーとしてSELECTで重複データが存在するかをチェック、

・テーブルに重複データが無ければINSERT用のSQLを実行、

・重複データがあればUPDATE用のSQL実行、

という処理を書きます。

が、

「ON DUPLICATE KEY UPDATE」を使った方が処理もすっきりして良いですね!!

 

例えば「user_id」というユニークキーが存在する場合、

INSERT INTO `テーブル名` (`user_id`, `user_name`, `created`, `modified`) VALUES (1, '山田', NOW(), NOW())
 ON DUPLICATE KEY UPDATE `user_name` = '山下', `modified` = NOW();

というようなSQLを実行させます。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. サーバー
  2. リマーケッター
  3. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  4. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  5. ホームページを活用
  6. Perl(パール)
  7. Perl(パール)
  8. ホームページを活用
  9. データ転送
  10. サーバ
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP