Technology-Connection-Net

【.NET Framework】C#で「Hello World!」を表示してみる

先日、
某業者が提供しているAPIからデータを取り込んで、データベースにデータを保存するシステムを作成できない?
という打診がありました。
APIと言っても、WebAPIではなく、CSVファイルを取り出すシステムになります。

弊社はWEB制作会社なので、最終的には、そのデータを使ってWEBサイトを作るところまでの開発になります。

ただ、CSVファイルを取り出す部分の開発は、なぜか.NET Frameworkに限られており、開発が面倒な案件になりそうです。

因みに、
.NET Frameworkとは、「ドットネット フレームワーク」と読み、マイクロソフトが提供しているアプリケーションの開発環境・実行環境というものになります。

.NET Framework上ではいくつかの言語を利用できるようですが、主に使われているC#とVBとのことで、
弊社でもC#を使うことにしました。

で、問題は、弊社には.NET Frameworkに詳しい人間がいないということです。
そのため、私が一から学習して開発を行うしかないのが現状です。
※本当に無理となった場合には、普段お世話になっている外注の方に出すことも検討しますが。

なので、
本日は、一度.NET Frameworkを実際に触ってみて、プログラミングの基本中の基本「Hello World!」を出力するところまで行ってみました。

 

.NET Frameworkをインストール

まずは、使っているWindowsのPCに.NET Frameworkをインストールしてみます。

と言っても、デフォルトでインストールされている筈なので、使用するWindowsPCに入っている.NET Frameworkのバージョンを調べてみます。

それでは、.NET Frameworkがインストールされているディレクトリにアクセスしてみます。

以下のディレクトリにアクセスしてみて下さい。
C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64

.NET Frameworkのインストールディレクトリ
「v4.0.30319」というディレクトリがあるので、こちらがこのPCに入っているバージョンのようです。
※複数のバージョンがインストールされている場合には、ディレクトが複数並んでいます。
※.NET Frameworkインストールされているパス「C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319」は後で使用するので、
 どこかに控えておいて下さい。

因みに、
私のPCは64ビットなので上記パスになりますが、
インストールディレクトリのパスは各自のPCの環境によっても異なるので、
使用されているPCの環境に合わせてアクセスするディレクトリパスは変更して下さい。

 

コンパイル環境を設定

C#で開発を行う場合は、PHPと異なり、手動でコンパイルという処理を行う必要があります。

コンパイルは、「csc」というコマンドを使って行うので、まずはパスが通っているかの確認を行います。

コマンドプロンプトを立ち上げて、cscと打ってEnterしてみて下さい。
コマンドプロンプトでcscの実行エラー

画面のように、
'css' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

と表示された場合には、パスが通っていません。

まずは、Windowsの環境変数の設定を行う必要があります。

コントロール パネル」を立ち上げて、「システムとセキュリティ」→「システム」と画面を遷移して下さい。
コントロールパネル「詳細設定」をクリック

その画面の右下に「設定の変更」があるので、クリックします。
以下の画面が立ち上がります。

システムのプロパティ画面
さらに、「詳細設定」タブをクリックして下さい。

システムのプロパティ画面「<b>詳細設定</b>」タブをクリック
右下に「環境変数」があるので、クリックして下さい。

以下の画面が立ち上がります。
「環境変数」画面
システム環境変数」の中の「Path」をダブルクリックして、.NET Frameworkがインストールされているディレクトリのパスを追加します。

「環境変数」のPathを追加

私のPC環境だと、「C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\」を追加することになります。

これでOKです。

それでは、正常にパスが追加されているかのチェックを行います。
再度コマンドプロンプトを立ち上げて、pathと打ってみて下さい。
※設定したパスを認識させるために、コマンドプロンプトは新規で立ち上げ直して下さい。
コマンドプロンプトでパス(Path)の確認

このように追加さえていればOKです。

次は、追加したパスが正常に通っているかを確認する為、再度、cscと打ってみて下さい。
このように表示されれば、問題なくパスが通っていることになります。
コマンドプロンプトでcscを実行

これで、設定は完了です。
次は、実際にコードを書いて「Hello World!」を表示させてみます。

 

「Hello World!」を出力 ~ サンプルプログラムを作成

それでは、さっそく「Hello World!」を出力するプログラムを作成します。

まず、
作業ディレクトリを作成します。
今回は、Cドライブ直下に「net」というディレクトリを作成して、作業ディレクトリとして使用します。

「C:\net」というパスになります。

helloworld.csという名称でファイルを作成して、以下のコードを貼り付けてみます。
================================================
using System;
namespace Hello{
class Hello{
public static void Main(string[] args){
Console.WriteLine("Hello World!");
}
}
}
================================================

次は、コンパイルします。

コマンドプロンプトから作業ディレクトリにアクセスしてみて下さい。
「cd C:\net」と打てば作業ディレクトリに移動できます。

で、「csc helloworld.cs」と打って、Enterしてコンパイルを実行して下さい。
コンパイルが終了すると、以下のようなメッセージが出ると思います。
コマンドプロンプトでコンパイル実行

コンパイルが完了すると、実行ファイル(exeファイル)が作成されます。
「dir」と打って確認してみて下さい。「helloworld.exe」という実行ファイルが作成されている筈です。
コマンドプロンプト 実行ファイルの確認

ぞれでは、この実行ファイル「helloworld.exe」を実際に実行させてみます。

コマンドプロンプト上で「helloworld.exe」と打って、Enterで実行させてみて下さい。
このように「Hello World!」と表示されればOKです。
コマンドプロンプト 実行ファイルを起動

これで完了です。

取り合えず、「Hello World!」を出力させることが出来たので、
次は、CSVからデータを読み込んで、そのデータをデータベースに登録するシステムの作成を行うことになります。

PHPと比べると情報量が圧倒的に少ないので、調べるのが大変そうです。
ちょっと憂鬱です。。。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  2. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  3. ホームページ(homepage)
  4. システムアップデート
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. エックスサーバー(XSERVER)
  8. WEBサイト構築
  9. スパム(SPAM)対策
  10. サイト公開

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • うちの会社も時々ランサーズ使ってるけど、めっちゃ助かってます! 中小は、人件費のような固定費がかさむのは痛くてなかなか新しい人を採用できんから、 必要な時にお互いマッチングして仕事を依頼できるのはありがたいです。 創業者からのメ… twitter.com/i/web/status/1…
    about 6時間 ago via Twitter Web Client

アーカイブ

PAGE TOP