メタキーワード(keywords)

メタキーワード(meta keywords)は本当に不要?【初心者向け】

メタキーワード(meta keywords)とは?

メタキーワード(meta keywords)は、メタタグ(METAタグ)の一つで、
目的とする検索キーワードをカンマ(,)区切りで複数(3~5個くらいを目安)記述するタグです。

<head>~<head>内に以下のように記述します。

<head>

<meta name="keywords" content="ここにキーワードを設定します。">

</head>

こちらのタグは、大昔にはタイトルタグやデスクリプションタグと並んで、SEO上とても重要なタグでした。

ただ、現在はSEO上は全く意味を持たなくなってしまっており、
記述する必要はあるの?
という話をよく耳にします。

因みに、メタキーワードが不要と言われだしたのはかなり前です。

にもかかわらず、未だに多くのサイトで設定されているのは、
以前はとても重要な役割を果たしていたので、
削除するのも怖いし、取りあえず残しておこうか。。。

といった程度の理由だと思います。

メタキーワードはSEO上必要か?

上記でも記載しましたが、メタキーワードはSEO上は何の意味も持ちません。
不要です!!

以前は、このタグに目的とするキーワードをカンマ(,)区切りで複数設定しておくと、
Googleの検索ランキングを決定するのに使用されていました。

が、現在、Googleはサポートしていません
Googleがサポートしているメタタグの一覧は以下を確認してみて下さい。
https://support.google.com/webmasters/answer/79812?hl=ja

その為、わざわざ記述するだけ時間の無駄です。
設置するキーワードを考える時間も無駄です。

念の為に記述しておこうという方も多いですが、
メタキーワードの設定に時間を掛けることは、あまりおすすめできないです。

メタキーワードは残しておいても大丈夫?

現在でも、メタキーワードが残っているサイトは多数あります。

これらは、何か悪さをする訳ではないので、残しておいても全く問題はありません。

一応、残しておくと、
・不要なタグを入れていると、その分の容量が増えてしまう
・目的とするキーワードが競合にばれてしまう
というデメリットは指摘されてはいます。

が、その影響は微々たるものです。

メタキーワードを削除したくらいで節約できる容量など、たかが知れています。

それに、競合にキーワードがばれたところで、出来ることは限られてきます。
こちらが、サイトをしっかりと作りこんでおけばいいだけです。

その為、既に記述済みのメタキーワードを敢えて削除する必要はありません

今後、既存サイトのリニューアル時や新規作成サイトからは、
一応、サイト制作の発注元の業者さんの意思もあるので、
設置する、設置しないを、発注元と話して、決めればいいと思います。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. SNSシェア
  5. 開始
  6. コーディング
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. WP:WordPress(ワードプレス)
  9. Linux(リナックス)
  10. HTMLコーディング

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 昨日、オープンしたばかりの北村写真機店に行ってきました。結構混んでいたので、店内をさっと回って出てきたのですが、ニコンのz6が中古15万くらいだったので思わず買ってしまいそうに。 今気になっている機種があるので、コロナが落ち着いた… twitter.com/i/web/status/1…
    about 13時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP