SSL(HTTPS)

サーバー

ロリポップの無料SSLを利用しましょう!

ロリポップサーバに無料SSLをインストール

今やサイトのHTTPS通信(SSLの通信設定)は当たり前になっています。

セキュリティー面だけはなく、SEO面でもほんの少しですが有利になるので、
必ずSSLは導入するようにして下さい。

数年前までは、SSLは1年で数万円もする高価な物でしたが、
現在は千円くらいで利用できる格安のSSLも登場しています。

そして、今では無料で利用できるLet's EncryptというSSLも登場し、
誰もが簡単に利用できるようになっています。

当然ロリポップでもLet's Encryptを利用できます。

設定も簡単なので、方法だけ紹介しておきます。

設定方法

今回は、以前解説用に取得した「hpkaisetsu.com」を使って、方法を説明します。

ログイン後、以下の画面に移動するので、左メニューにある「セキュリティ」をクリックします。
無料SSLの設定
もしくは、「独自SSLが設定されていない独自ドメインがあります」というメッセージが表示されているはずなので、
「独自SSLのお申込みへすすむ」のリンクをクリックして下さい。

無料SSLの設定
「hpkaisetsu.com」と「www.hpkaisetsu.com」の両方ともにチェックを入れて、
「独自SSL(無料)を設定する」をクリックして下さい。

無料SSLの設定待ち
ステータスが「SSL設定作業中」になるので、
設定が完了するまでしばらくお待ち下さい。
※5分くらいで完了します。

設定が完了したら、以下の様な表示に変わります。
無料SSLの設定完了

最後に、
https://hpkaisetsu.com/
https://www.hpkaisetsu.com/
というURLアクセスしてみて下さい。

問題なく画面が表示されれば、設定は完了です!

最後に

因みに、
今回設定したのはドメイン認証SSLというものです。

ざっくりと説明すると、
サーバを介してデータの送受信を行う際に、
SSL認証を設定しているとそのデータを暗号化してくれます。

それにより、
途中でデータを盗まれてしまっても、
暗号化されている為に安全というものになります。

データの盗聴自体を阻止してくれるわけではないので、注意して下さい。

SSLには、更にレベルの高い「企業認証SSL」「EV SSL」というものがあります。

それなりにお金が掛かりますが、
ドメインの信頼性が増すので、興味のある方は検討されてもいいと思います。

ただし、SSL認証の基本機能であるデータの暗号化には違いはないので、
無料のSSLで問題はありません。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. Apache(アパッチ)

    サーバー

    .htaccessでno-cacheを設定

    ホームページを修正したにも拘らず、お客さんから 「修正されていない…

  2. FFFTP ファイル転送

    サーバー

    FFFTP上で「.htaccess」が見えない

    自分たちでもFFFTPで接続して作業されている業者さんがいらっしゃるの…

  3. サーバー

    ConoHaサーバを借りてみました!!

    以前から気になっていたConoHaのVPSサーバを借りてみました。…

  4. SSL(HTTPS)

    サーバー

    運営中のSSL設定サイトを移管する場合にはご用心を

    今日は、今運用している某サイトをさくらインターネットの共用サー…

  5. Apache(アパッチ)

    サーバー

    Apache ホストの設定後のシンタックスチェック

    現在、弊社開発用のテストサーバには、Apache2.2系のWebサ…

  6. WWW

    サーバー

    ServerAliasディレクティブでエイリアス(www)の設定

    以前、付き合いがあった業者さんから、バーチャルホストの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Technology-Connection-Net
  2. ドメインにハイフンを使うのは日本人だけ?
  3. SSL(HTTPS)
  4. ドメインについて
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. ドメイン(domain)
  7. JPドメイン
  8. 高速(スピード)
  9. ブログアクセス
  10. 高速(スピード)
PAGE TOP