Linux(リナックス)

【Linux】実行中プロセスの確認、停止にはps、killコマンドを使用します

Linux 現在実行中のプロセスを確認、終了させる方法

Linuxサーバーでは、
実行中のプロセスを確認する場合はpsコマンド
実行中のプロセスを終了させたい場合にはkillコマンド
を利用します。

私自身は頻繁に利用するコマンドではないですが、
たまに利用するので、メモがてらまとめておきます。

実行中のプロセスを確認する

実行中のプロセスは、psコマンドを利用して簡単に確認できます。

【psコマンドの基本的な使い方】

psコマンドは、通常は、auxオプションを付けて実行させることが多いので、
セットで覚えておいた方がいいです。

# ps aux

auxオプションの説明は以下です
a => 他ユーザーのプロセスも表示する
u => ユーザー名やCPU占有率、メモリ使用率なども表示する
x => 端末操作以外のプロセスも表示する
※オプションは他にも用意されているので、必要であれば一度調べてみて下さい。

実行結果はこんな感じで表示されます。
【Linux】psコマンド実行結果

【グレップ(文字列を検索)して確認する方法】

grepコマンドと組み合わせることで、
特定のプロセスを検索して確認することも出来ます。

例えば、「httpd」を含むプロセスを確認する場合には、

# ps aux | grep httpd

とします。

実行結果はこんな感じで表示されます。
【Linux】psコマンド+grepの実行結果

特定のプロセスを確認したい場合には、このようにgrepコマンドと一緒に使ってみて下さい。

【プロセスID】

psコマンド(ps aux)を実行すると、左から2番に「PID」という項目があります。
【Linux】psコマンド:PID(プロセスID)

この項目が「プロセスID」であり、プロセスを終了させる場合に指定する番号になるので、
「PID」の項目は覚えておいて下さい。

因みに、他の項目に関しては、
例えば、
「USER」は「プロセスの所有者」、「&CPU」は「CPU使用率」...
を表しています。

今回は詳しくは説明しないので、興味のある方は調べてみて下さい。

 

実行中のプロセスを終了させる

実行中のプロセスを終了させる場合には、killコマンドを使用します。

使い方としては、
「kill プロセスID」となります。

例えば、プロセスID「119」のプロセスを終了させる場合には、

# kill 119

とすればOKです。

実行後は、念のために再度psコマンドを実行させて、プロセスが終了いていること(一覧から消えていること)も確認して下さい。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. 文系と理系のメリットとデメリット
  5. 東京駅
  6. 残業
  7. プログラマーになるのに年齢は関係ある?
  8. 年収(収入)
  9. income(収入)
  10. プログラマーになろう

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP