ホームページを活用

KUSANAGIでCGIプログラム(Perl)を実行する方法

KUSANAGIサーバでCGIプログラムを動かす方法をまとめておきます。
※今回は、ApcaheをWEBサーバとして採用している場合です。

KUSANAGIを利用している場合、
/etc/httpd/conf.d/
の中にホストの設定ファイルが作成されているはずなので、そのファイルを編集します。

例えば、
「example.com」というホストを追加している場合には、
/etc/httpd/conf.d/example.com_ssl.conf

/etc/httpd/conf.d/example.com_http.conf
の2ファイルが作成されます。

SSL接続しか許可していない場合には「example.com_ssl.conf」の編集のみでOKですが、
不安であれば両方とも修正しておいてもいいと思います。

# vi /etc/httpd/conf.d/example.com_http.conf
でファイルを開いて、適当な場所に以下を追加するだけです。

<IfModule mime_module>
AddHandler cgi-script .cgi
</IfModule>

もし、「.pl」という拡張子の追加も必要な場合には、

<IfModule mime_module>
AddHandler cgi-script .cgi .pl
</IfModule>

としておけばOKです。

全サイトでCGIプログラムを有効にしたい場合には、
/etc/httpd/httpd.conf
を変更してしまってもOKです。

# vi /etc/httpd/httpd.conf

<IfModule mime_module>

#AddHandler cgi-script .cgi
#AddHandler type-map var

</IfModule>

という部分があるので、
#AddHandler cgi-script .cgi
のコメントアウト(#)を外せばOKです。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP