JavaScript

history.back()

履歴を残したまま全ページに戻りたい場合、

history.back()関数をよく使います。

 

例えば、こんな風に↓↓↓

<a href="javascript:history.back()">戻る</a>

 

ただ、

history.back()以外にもhistory.go()という関数もあります。

 

例えば、

2ページ前に戻りたい場合には、

<a href="javascript:history.go(-2);">戻る</a>

とします。

 

つまり()内に-nと記入してやれば、「n」ページ前へ戻るというものです。

 

なので、

<a href="javascript:history.go(-1);">戻る</a>

としてやれば、

<a href="javascript:history.back()">戻る</a>

と同じ動作をします。

 

と、戻る場合の説明ばかりしましたが、

例えば、

<a href="javascript:history.go(2);">2ページ進む</a>

とすれば2ページ進むことも可能です。

 

つまり、

-を付けずに()内にnを記入してやれば「n」ページ分進むということになります。

 

ちなみに、

history.back()とは逆の動きをするのが、history.forward()になります。

 

<a href="javascript:history.forward();">進む</a>

としてやれば、

1ページ進んでくれます。

 

これは、

history.go()を使えば

<a href="javascript:history.go(1);">進む</a>

と書き換えてやることも可能です。

 

あと、

history.go(0)といようにn=0にすると、

location.reload()と同じ動作をするようです。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. 文系と理系のメリットとデメリット
  5. 東京駅
  6. 残業
  7. プログラマーになるのに年齢は関係ある?
  8. 年収(収入)
  9. income(収入)
  10. プログラマーになろう

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP