WP:WordPress(ワードプレス)

【WordPress】タグページによる条件分岐ではis_tag()を使います

タグページにのみ表示や処理を行いたい場合、
is_tag()を使って条件分岐を行うことが出来ます。

また、is_tag()にタグIDタグスラッグを指定することで、
特定のタグページでのみ表示や処理を行うことも可能です。

使い方は以下にまとめておきます。
良かったら、こちらをコピペして使用してみて下さい。

 

タグページでのみ処理を行う場合

<?php if(is_tag()): ?>
//処理を記載
<?php endif; ?>

 

タグのIDによって条件分岐させる場合

<?php if(is_tag("タグID")): ?>
//処理を記載
<?php endif; ?>

 

スラッグによって条件分岐させる場合

<?php if(is_tag("スラッグ")): ?>
//処理を記載
<?php endif; ?>

 

複数のタグIDまたはスラッグを指定して条件分岐させる場合

タグID、スラッグを複数指定する場合は、配列で指定します。

<?php if(is_tag(array("タグID", "スラッグ", "タグID"))): ?>
//処理を記載
<?php endif; ?>

タグIDとスラッグが混在していてもOKです。
ただ、コードのメンテナンス性を考慮して、どちらかに統一して指定することをおすすめします。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. 文系と理系のメリットとデメリット
  5. 東京駅
  6. 残業
  7. プログラマーになるのに年齢は関係ある?
  8. 年収(収入)
  9. income(収入)
  10. プログラマーになろう

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP