SEO(エスイーオー)

Google Analytics(アナリティクス)の利用方法

こちらのページでは、

Google Analytics(グーグル アナリティクス)のコード設定方法を方法を紹介します。

当然、Googleのアカウントが必要なので、もし無い場合には事前に用意しておいて下さい。

 

まず、「Google Analytics」へアクセスして、ログインして下さい。
Google Analytics ログイン画面
メールアドレス」または「電話番号」を入力して「次へ」をクリック。

Google Analytics ログイン画面 パスワード入力
パスワード」を入力してログインします。

ログイン後以下の画面に移動して、「お申し込み」をクリックします。Google Analytics お申し込み

Google Analytics トラッキングIDを取得

トラッキングの対象
今回はWEBサイトに設定するので「ウェブサイト」を選択します。

■アカウントの設定
「アカウント名」を入力して下さい。※任意

■プロパティの設定
「ウェブサイト名」を入力して下さい。
「ウェブサイトの URL」を入力して下さい。
「業種」を選択して下さい。
「レポートのタイムゾーン」で「日本」を選択して下さい。

■データ共有設定
不要であれば、全てのチェックを外して下さい。

Google Analytics 利用規約デフォルトは「アメリカ合衆国」になっているので、「日本」を選択して下さい。

Google Analytics 日本語の利用規約
利用規約」を確認して、「同意する」を選択して下さい。

「同意する」と、トラッキングコードが発行されて下記の画面に移動します。Google Analytics トラッキングコード
発行が完了したら、HTMLファイルを開いて<head>~</head>の間に「トラッキングコード」を直接張り付けて下さい。
</head>の直前辺りでいいと思います。
通常は全てのページのログを取ると思うので、全ページに貼り付けて下さい。

もしWordPressを利用されている場合には、利用しているテーマによっては「トラッキング ID(「UA-xxxxxx-1」みたいなやつ)」のみを登録すれば、全ページに反映されるような仕組みなっています。

また、プラグインを利用して全ページに一括で反映させる可能です。
例えば、「All in One SEO Pack」を使用されている場合には、「トラッキング ID」を「GoogleアナリティクスID」の項目に登録するだけで反映されます。

 

因みに、まだ発行したてなので、当然訪問者数はいません。

以下の様な感じになります。
※訪問者(ユーザー)は「ユーザー」→「概要」で確認できます。
Google Analytics 訪問者ゼロ

ただ、しばらく運用すると、この様にサイトへの訪問者が増えてきます。
※表示期間は画面右上から変更できます。
Google Analytics 訪問者数(ユーザー)

 

あと、

ページビュー数(閲覧されたページ数)は、「行動」→「概要」から確認できます。
Google Analytics ページビュー数

 

細かい見方などはこちらの記事では説明しませんが、「Google Analytics」には様々な機能が備わっています。

上手に使いこなせばサイトの改善にもつながるので、使いこなせるようになっておいて損はないと思います。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  4. アフィリエイト
  5. VPSサーバー
  6. ブログのネタ探し
  7. プログラミング
  8. SSLとは
  9. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  10. 常時SSL通信設定方法

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • リモートやってみて分かったこと。 会社って意外と仕事に集中できていなかった。 当たり前か。会社って、別に落ち着ける空間じゃないですからね。
    about 1週間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP