ドメインにハイフンを使うのは日本人だけ?

ドメインにハイフンを使うのは日本人だけ?

ドメインにハイフンを入れるのは大丈夫?

サイトを検索して出てくるページのドメインって気にしたことがありますか?
私は、WEBサイト制作に関わっている人間なので、いつも気にしてみています。

■このサイトではどの種類のドメイン(.com、.jp、.tokyoなど)を使っているの?
■このサイトはどんなドメインにどのような文字列を使っているの?
■このサイトで使っているドメインの文字列の長さは?
■このサイトで使っているドメインに「-(ハイフン)」は入っているの?

など、
気になり出すと、きりがありませんが、
お客さんからよく聞かれるのが「ドメインにハイフンって入っていても大丈夫?」という質問です。

結論から言うと、
入っていても全然問題ありません。

GoogleはSEO上不利になることはないと言っていますし、
実際にドメインにハイフンを含んでいるサイトは、
大手サイト、中小サイト、個人サイト、人気サイト、不人気サイト、優良サイトを問わず、多数存在します。

ドメインにハイフンを入れるのは日本人だけ?

普段海外のサイトを検索する機会が少ないと気づかないかもしれないですが、
ドメインにハイフンを入れるのは日本人です。

海外の方には、文字と文字の間にハイフンを入れる習慣があまりないのか、
ドメインに関してもハイフンが入ったサイトをあまり見かけません。

文字と文字の間をハイフンで区切ることで見やすくしようとするのは、
日本人ならではの特徴なのかもしれないですね。

因みに、こちらは、Googleを使って「ホームページ 制作 個人」というキーワードで検索した結果です。

Google 日本語サイト検索結果

Google 日本語サイト検索結果

10件中7件のサイトで、ハイフンを含むドメインを使用されています。

これを、英語サイトで検索してみると、以下の結果になります。

Google 英語サイト検索結果

Google 英語サイト検索結果

ハイフンを含むドメインを使用されているサイトは1件もありません。

英語サイトでもハイフンを含むドメインを稀に見かけるので、全くないわけではなないですが、
もし、日本人以外のアクセスも視野に入れられているのであれば、
ドメインにハイフンは含めない方が無難ですね。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP