共用サーバ(レンタルサーバ)

高速レンタルサーバー【ConoHa WING】で有料WordPressテーマのサイトも簡単立ち上げ!

私が一番おすすめしているレンタルサーバーの一つ「ConoHa WING」の紹介です。

インターネット上で様々な評判を調べてみると酷評されている方もいらっしゃいますが、全体的には評判は上々のようです。

で、私がおすすめする主な理由は以下の4点です。

■WordPressの人気有料テーマを割引価格で利用できる
■コストパフォーマンスがいい
■サクサク動いてくれる
■独自ドメインが2つまでずっと無料で利用できる

WordPressの人気有料テーマを割引価格で利用できる

WordPressの人気有料テーマである「THE SONIC」「JIN」「SANGO」を割引価格で利用できます。

割引価格はこちらです。

■THE SONIC 8,580円 / 年 => 6,578円 / 年
■JIN 14,800円 => 14,250円
■SANGO 11,000円 => 9,900円

いずれも「WINGパック」という料金体系で「Conoha WING」を利用している場合に利用できるサービスです。

私自身も「JIN」と「SANGO」の2つは購入して使用していますが、SEO対策もバッチリで、記事投稿時の機能も充実しています。
アクセスを集めるための工夫もしっかりと施されているので、おすすめのテーマです。

また、無料で利用できる大人気テーマの「Coccon(コクーン)」も簡単にインストールできます。
こちらは無料にもかかわらず有料テーマ並みの高機能なWordPressテーマとして知られていて、収益化を行う仕組みがしっかりと組み込まれています。

ユーザー側の表示がかなりシンプルに作られているのでカスタマイズもしやすく、私自身も利用したことのあるおすすめテーマです。

ただ、「JIN」「SANGO」と比べるデザインがシンプル過ぎるので、物足りなさを感じる方もいます。
そんな方には有料にはなってしまいますが、「THE SONIC」「JIN」「SANGO」をおすすめします。

コストパフォーマンスがいい

ConoHa WINGの料金タイプは2種類、月額固定の「WINGパック」使った分だけ請求される「通常パック」があります。

私個人としては使った分だけ請求される「通常タイプ」をずっと使い続けていますが、各自の事情に合った料金タイプを選択して下さい。
いずれも初期費用なしで利用開始できるので、誰でもお気軽に開始できるレンタルサーバーとなっています。

長期利用の方におすすめなのが「WINGパック」

「WINGパック」は初期費用無料、ドメイン無制限、データベース無制限で、長く使う程お得になる料金タイプです。
長期間レンタルサーバーを使用することが決まっている方におすすめです。

ベーシック、スタンダード、プレミアムの3つのプランから選択できます。
「ConoHa WING」のWINGパック料金

使った分だけ料金を請求される「通常パック」

初期費用無料で、最低利用期間もないので、初期のコストが一切不要の料金タイプです。

1時間単位での課金になるので、好きなタイミングでいつでも止めることができ、使った分だけ請求されます。
その為、どのくらいの期間レンタルサーバーを利用するか未定の方や気軽に利用を開始したい方におすすめです。

ドメイン・データベースも無制限で、2.2円/時(ベーシック)、4.4円/時(スタンダード)、8.8円/時(プレミアム)の3つのプランから選択できます。
「ConoHa WING」の通常パック料金
途中で「WINGパック」へ切り替えることこともできるので、安心して下さい。

料金の詳細は、以下を参照して下さい。
[ 料金|レンタルサーバーならConoHa WING ]

もちろん、探せばもっと安いレンタルサーバーは見つかりますが、
サーバーのスペック初期費用が掛からない点安定して稼働している点を考慮するとかなりコストパフォーマンスのいいレンタルサーバーです。

ベーシック、スタンダード、プレミアム どのプランを利用すればいい?

小規模サイト・中規模サイトであればベーシックプランでも問題なくサクサク動作します。
私もWordPressサイトをベーシックプランで数サイト運営していますが、表示速度にも何の不満もなく利用できています。

ただ、より表示速度を意識するのであれば中規模サイトにはスタンダードプランもおすすめです。

プレミアムプランは、大規模サイトや大量アクセスを見込めるサイト運営者におすすめできるプランです。

ただ、プレミアムプランはかなりの規模のサイト向けなので、基本的にはベーシックプランかスタンダードプランで十分な方がほとんどだと思います。

こんな感じで使い分けて下さい。

・企業サイト => ベーシックかスタンダード
・アフィリトサイト => ベーシックかスタンダード
・ブログ => ベーシック
・大規模サイト => プレミアム

サイトのアクセス数にもよるので一概には言えないですが、こんな感じで使い分けて貰えればと思います。

サクサク動いてくれる

私はConoHa WINGのレンタルサーバーを使ってWordPressサイトを数サイト運営しています。
いずれも100記事以上投稿していて、画像も大量にアップしているサイトもありますが、管理画面もユーザー公開ページも表示速度にストレスを感じたことがないです。

サーバー運営側自体が「国内最速」と謳っているだけのことはあり、速度面に不満を持つ方はいないと思います。

因みに、高速な理由としては、以下のようなところですね。

・WebサーバーにNGINXを採用 => アクセスが集中しても安心です
・ストレージにSSDを採用
・PHPの実行環境として、FastCGIよりも高速なLiteSpeed LSAPIを採用 => WEBサーバー上でPHPなどのプログラムを実行させるための仕組みのようなものです
・通信プロトコルとしてHTTP/2をサポート => HTTPS通信と組み合わせることで高速化できます
・PHPアクセラレータとして「OPcache」を導入 => PHPプログラムのキャッシュを利用して高速化する仕組みです

ページの表示速度の向上はユーザビリティの向上につながります。
また、それ程大きな指標ではないですが、Googleはページ速度も検索ランキングのシグナルとして組み込んでいるので、レンタルサーバーの処理速度も意識しておいた方がいいです。

独自ドメインが2つまで永久無料(高額の.shopや.online、.techも無料)

独自ドメインが2つまでずっと無料で利用できるのも嬉しいサービスです。
※いずれも「WINGパック」という料金体系で「Conoha WING」を利用している場合に利用できるサービスです。

人気の.comドメインや.netドメインでも年間1,408円(「ConoHa WING」の場合)かかります。
これが2ドメインになると年間で数千円の節約になるので大きいですね!

さらには、2つ目に取得するドメインでは、年間で5,000円以上かかる高額の.onlineドメインや.techドメイン、.shopドメインも無料で利用できるので、かなりお得なサービスです。

詳細は以下の画像で確認して下さい。
「ConoHa WING」ドメイン無料

その他のポイント

まず、コントロールパネルは、他サーバーのサービスと比べると、シンプルで使い易いと思います。
他サーバーも使い勝手が悪いわけではないですが、初心者でも問題なく操作できます。

あと、「WordPressかんたん移行」も便利です。
データベースやサーバに関する深い知識がない方の場合、他社のレンタルサーバーからの移行にはかなり手間取ることも多いです。
私の知り合いにはサイト(WordPressで構築)の移行が上手くいかずに移行を諦めたという方もいます。
なので、こちらも利用して貰いたい機能です。

もちろん、「WordPress簡単インストール」が付いているので、新規でのWordPressインストールも簡単に行えます。

他には、「無料独自SSL」「無料の自動バックアップ機能」も付いているので安心して下さい。

「自動バックアップ機能」では、Webサイト・メール・データベースのデータを毎日1回バックアップし、過去14日分を復旧用データとして利用できるようになっています。

最後に

弊社では、お客さんにレンタルサーバーを紹介する際、以前は、さくらインターネットの共用サーバーエックスサーバーがメインでした。

ただ、ConoHa WINGもそれらのサーバーと同様に高スペックで、また、国内最速を謳っているレンタルサーバーです。
サービス提供元もレンタルサーバー業界では最大手のGMOグループです。

弊社でもお客さんにレンタルサーバーを紹介する際の選択肢になっていますし、個人的にでも自信を持っておすすめできます。
ぜひ検討してみて下さい。



この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP