システム開発用のアイキャッチ

【CentOS6】PHP7.3をインストール

CentOS6の環境にPHP7.3.xをインストールする方法をまとめました。

PHP7.3をインストール

EPELリポジトリをインストール
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

※EPELリポジトリが無いとRemiのインストール時にエラーになります。
 もし、インストール済みの場合は、EPELのインストールは飛ばしてください。

Remiリポジトリの追加
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

RemiリポジトリよりPHP7.3をインストール
# yum -y install --enablerepo=remi,remi-php73 php php-cli php-common php-devel php-mbstring php-pdo php-mysql php-gd php-xml php-mcrypt

インストールが完了したら、PHPのバージョンを確認しておきます。
# php -v

以下のようにバージョン情報が表示されていればOKです。

PHP 7.3.10 (cli) (built: Sep 24 2019 12:36:21) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.10, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

これで、最新バージョンのPHPのインストールが完了しました!

最後に、PHPの設定を読み込むために、Apacheを再起動して下さい。
# service httpd restart

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  2. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  3. ホームページ(homepage)
  4. システムアップデート
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. エックスサーバー(XSERVER)
  8. WEBサイト構築
  9. スパム(SPAM)対策
  10. サイト公開

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • うちの会社も時々ランサーズ使ってるけど、めっちゃ助かってます! 中小は、人件費のような固定費がかさむのは痛くてなかなか新しい人を採用できんから、 必要な時にお互いマッチングして仕事を依頼できるのはありがたいです。 創業者からのメ… twitter.com/i/web/status/1…
    about 7時間 ago via Twitter Web Client

アーカイブ

PAGE TOP