システム開発用のアイキャッチ

【CentOS7】PHPの最新バージョンをインストールする方法

PHPの最新バージョン(現時点ではPHP7.3.9)をインストールする方法をまとめました。

OS(ディストリビューション)はCentOS7.6です。

PHPをインストール

Remiリポジトリから最新バージョンをインストール

まずは、念の為に既存のインストール済みのPHPが存在しないかを確認します。
# rpm -qa | grep php

何も表示されなければ、インストールされていないので、PHPをインストールします。

今回は、Remiリポジトリから最新バージョンのPHPをインストールします。

その為、まずは、Remiリポジトリをインストールします。
# yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

Remiのインストールが完了したら、次は、PHPをインストールします。

PHPのインストールは、上記でインストールしたRemiをリポジトリに指定して行います。
※関連ライブラリも一緒に入れておきます。
# yum -y install --enablerepo=remi,remi-php73 php php-devel php-mbstring php-pdo php-mysql php-gd php-xml php-mcrypt

これでインストールが完了しました。

PHP本体のみをインストールする場合には、以下を実行して下さい。
# yum -y install --enablerepo=remi,remi-php73

インストールが完了したら、PHPのバージョンを確認しておきます。
# php -v

以下のようにバージョン情報が表示されていればOKです。

PHP 7.3.9 (cli) (built: Aug 27 2019 22:52:39) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.9, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

grepコマンドを使って、各ライブラリのバージョンも一緒に確認することができます。
# rpm -qa | grep php

php-common-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-pecl-mcrypt-1.0.2-2.el7.remi.7.3.x86_64
php-xml-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-json-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-cli-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-mbstring-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-pdo-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-devel-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-gd-7.3.9-1.el7.remi.x86_64
php-mysqlnd-7.3.9-1.el7.remi.x86_64

これで、最新バージョンのPHPのインストールが完了しました!

最後に、PHPの設定を読み込むために、Apacheを再起動して下さい。
# systemctl restart httpd.service

CentOS7の標準レポジトリのPHPはバージョンが古い(PHP5.4)ので注意

通常、「yum -y install php」を実行すれば、PHPはCentOS7の標準レポジトリからインストールされます。

ただし、
CentOS7の標準レポジトリからインストールされるバージョンはPHP5.4とかなり古いです。

このバージョンは、
かなり前にサポートも終了しています。
WordPressの最新バージョンもインストールできません。

少しだけ手間ですが、
上記で説明した方法で、RemiリポジトリからPHPの最新バージョンをインストールするようにして下さい。

インストール済みPHPの削除

もし、インストール済みのPHPを削除したい場合には、
以下を実行することで可能です。
# yum -y remove php-*

 

Apache(WEBサーバー)、MariaDB、FTPサーバーのインストール方法も公開しています。
興味のある方は、以下のページも確認をお願いします。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP