システム開発用のアイキャッチ

【CentOS7】MariDBの最新バージョンをインストールする方法

MariaDBの最新バージョンをインストールする方法をまとめました。

OS(ディストリビューション)はCentOS7.6です。

MariaDBをインストール

リポジトリから最新バージョンをインストール

まずは、念の為に既存のインストール済みのMariaDBが存在しないかを確認します。
# rpm -qa | grep -i mariadb

何も表示されなければ、インストールされていないので、MariaDBをインストールします。

今回は、リポジトリを追加してMariaDBをインストールします。

リポジトリの追加は、MariaDBのサイトを参考にして行いましたが、以下の1行を実行するだけです。
# curl -sS https://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb_repo_setup | sudo bash

これで、リポジトリが追加されました。

次は、追加したリポジトリからMariaDBをインストールします。
# yum -y install MariaDB-server MariaDB-client

インストールが完了したら、MariaDBのバージョンを確認しておきます。
# mysql --version

以下のようにバージョン情報が表示されていればOKです。

mysql Ver 15.1 Distrib 10.4.8-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1

grepコマンドを使って、確認することもできます。
# rpm -qa | grep -i mariadb

MariaDB-server-10.4.8-1.el7.centos.x86_64
MariaDB-client-10.4.8-1.el7.centos.x86_64
MariaDB-common-10.4.8-1.el7.centos.x86_64
MariaDB-compat-10.4.8-1.el7.centos.x86_64

これで、インストールが完了しました!
あとは、MariaDBの起動と自動起動設定を行っておきます。

MariaDBを起動
# systemctl start mariadb

MariaDBの自動起動設定
# systemctl enable mariadb

CentOS7の標準レポジトリのMariaDBはバージョンが古いので注意

CentOS7では、「yum -y install mysql」を実行してインストールを行うと、
MySQLではなくMariaDBをがインストールされます。

その為、上記コマンドを実行するだけでもMariaDBのインストールは可能です。

ただし、
標準レポジトリからインストールのはMariaDB5.5なので、古いバージョンです。

最新バージョンを使いう場合には、リポジトリからインストールを行って下さい。

MariaDBの初期設定

MariaDBをインストールした直後は、rootにパスワードが設定されていません。

その他にも、初期状態だとまずい点があるので、
インストールが完了したらセキュリティの設定も行っておきます。

# mysql_secure_installation
を実行すると、対話形式で設定を行うことができます。

実行後は、以下のように入力して下さい。

Enter current password for root (enter for none): Enter
Switch to unix_socket authentication [Y/n] ← 「Y」
Change the root password? [Y/n] ← 「Y」 rootパスワード設定yes
New password: ← rootパスワードを入力して下さい
Re-enter new password: ←上記と同じrootパスワード(確認用)を入力して下さい
Remove anonymous users? [Y/n] ← 「Y」 匿名ユーザを削除します
Disallow root login remotely? [Y/n] ← 「Y」 リモートからのrootログインを禁止します
Remove test database and access to it? [Y/n] ← 「Y」 testデータベースを削除します
Reload privilege tables now? [Y/n] ← 「Y」 リロードします

設定が完了したら、念のために、MariaDBに接続してみます。
# mysql -u root -p

「Enter password:」と聞かれるので、上記で設定したパスワードを入力して下さい。

接続できればOKです。

 

Apache(WEBサーバー)、PHP、FTPサーバーのインストール方法も公開しています。
興味のある方は、以下のページも確認をお願いします。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. SEO対策とは
  2. SE(システムエンジニア)
  3. カメラ
  4. アクセス解析
  5. ファイアウォール
  6. 一眼レフカメラ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. FTPサーバー
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Warning
PAGE TOP