CDN

【CDN】Rapid STARTの利用方法

無料で利用できるCDNサービスとしては「Cloudflare」が有名ですが、

今回は国産の無料CDN「Rapid START」についてのご紹介です。

 

こちらのサービスの利用を開始するまでの手順は簡単です。

■まず、アカウント登録を行います。
Rapid STARTのサイト「 https://cdn.tokyo/ 」 にアクセスし、「無料アカウント登録」をクリック
Rapid START サイトトップ

「Facebook」「Twitter」「Google+」のアカウントで登録可能ですが、

私は「メールアドレスで登録」を行ったので、今回はそちらの手順で説明を行います。
Rapid START アカウント作成
メールアドレスで登録」をクリック

Rapid START メールアドレスの登録
メールアドレスを入力、プライバシーに同意にチェックを入れて、「アカウント作成」をクリック

登録したメールアドレスに以下のようなメールが送信されてくるので、そちらのアカウントで「管理画面」ログインします。
Rapid START メール本文
※「初期パスワード」は念の為に、必ず変更してください。

管理画面へログイン後、まずはドメインの登録を行います。
Rapid START ドメインを登録
WEBサイトのドメイン名を登録して下さい。」という部分にドメイン名を登録して、「ドメイン登録+」をクリックします。
※私の場合には「www.」付きでサイトを運営しているので、「www.ドメイン名」で登録しました。

ドメインを登録すると、画面右の「仮登録ドメイン」にドメインが追加されます。
Rapid START 仮登録ドメイン
さらに画面の下側に移動すると、この後の設定手順が記載されているので、その内容に従って設定を行います。

Rapid START オリジンドメインの追加

まずは、「1:オリジンドメインの追加」を行います。
と言っても、ドメインの管理元のコントロールパネルから「origin.www.sample.com A 【オリジンサーバーのIPアドレス】」のレコード(Aレコード)の設定を行うだけです。

私は「お名前.com」でドメインを管理しているので、「お名前.com」のコントロールパネルからAレコードを登録します。
origin お名前.com Aレコード設定

レコード追加後、設定が浸透するまでしばらく待ちます。

レコードの設定が浸透すれば、画面右側の「オリジンドメイン登録ステータス」の項目が「ステータス OK」になります。
20180425_Rapid_START_オリジンドメインの追加完了

2:TXTレコードによる認証」または「2:HTMLファイルのアップロードによる認証」のいずれかの方法で、ドメイン所有権の確認を行います。

今回は、「2:TXTレコードによる認証」で確認を行います。
Rapid START TXTレコード認証

まず、「お名前.com」の管理画面に移動して、以下の様に「TXTレコード」を登録します。
origin お名前.com TXTレコード設定

登録完了後、やはりここでもレコードが浸透するまでしばらく待ちます。

レコードが浸透したら、

オリジナルドメインの登録・TXTレコードの確認→」をクリックして、認証を行います。
Rapid START オリジナルドメインの登録・TXTレコードの確認

認証が完了したら以下の画面に変わるので、「キャッシュポリシー」の設定切り替え前の動作確認を行います。
Rapid START CDNの適用前

・「キャッシュポリシー」の設定は「ご登録情報」のところにある「設定」から行います。
「デフォルト」「WPキャッシュ」「DRUPALキャッシュ」から選択できますが、WordPressを利用されている場合には「WPキャッシュ」を選択して下さい。

・「切り替え前の動作確認方法」を参考にして、動作確認を行います。
 ※私はWindowsを使っているので、「hosts」を使って確認を行いました。

切り替えの準備が整えば、「CDN配信に切り替え」をクリックします。

クリックすると以下の様な画面が表示されるので、その内容に従って「CNAMEレコード」の登録を行います。
Rapid START CDN配信に切り替え

再度「お名前.com」の管理画面に移動して、以下の様に「CNAMEレコード」を登録します。
origin お名前.com CNAMEレコード設定

CNAMEレコード」の登録が完了してその設定が浸透すると、

CNAMEレコード切り替えステータス」が「ステータス OK」に変わります。
Rapid START CNAME切り替え完了

これで基本的な設定は完了です。

が、最近はほとんどの方がSSLを導入されていると思います。

SSLの設定にも対応しているので、SSLを導入されている方は、そちらの設定も行います。

 

と言っても、管理画面左側に「SSL証明書登録」という項目があるので、

そこから「証明書」「中間証明書」「秘密鍵」を登録するだけになります。

 

ここまでくると設定は完了です!!

あとは、動作確認して問題がなければOKです!!

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  2. ホームページ(homepage)
  3. システムアップデート
  4. エックスサーバー(XSERVER)
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. WEBサイト構築
  8. スパム(SPAM)対策
  9. サイト公開
  10. ネームサーバーの登録

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 最近の文章校正ツールは、「Javascript」と書くと、「s」が小文字になってることまで教えてくれる。 こんな細かいところまでチェックしてくれるのは助かる。 #文章校正
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP