BROWSER(ブラウザ)

サイト制作時にチェックすべきブラウザ【2018年12月現在】

サイト制作時にチェックすべきブラウザについて

WEBサイトの制作時にチェックすべきPCのブラウザをまとめてみました。

本来は全てのブラウザでチェックすべきですが、
それは数が多すぎて無理です。

そこで、チェックすべきブラウザは、
■Google Chrome(グーグル クローム)
■Safari
■Firefox
■IE(Internet Explorer)
■Edge
に絞ってしまっていいでしょう。

ただ、5つでも、サイトの規模が大きくなればチェックが大変です。

その場合には、
■Google Chrome(グーグル クローム)
■Safari
■IE(Internet Explorer)
の3ブラウザでもOKです。

Edgeは最近伸びてきたブラウザで、MicrosoftがWindows用に開発したブラウザです。
Firefoxは、以前は日本国内でもそこそこ人気がありましたが、今はかなりシェアが落ちてきました。
時間や予算の都合によっては、無視するという選択肢も必要です。

【注意点】
これらは日本国内のサイトでの話しです。
もし海外に向けたサイトの場合には、都度情報収集を行って、その国で人気のブラウザを洗い出す作業も必要になります。

因みに、ブラウザシェアについても、簡単にまとめてみました。

ブラウザのシェア【2018年12月現在】

現在のブラウザシェアを、日本国内と世界別にまとめてみました。
※データは、「StatCounter Global Stats」というサイトでまとめられているものです。

日本国内のブラウザシェア

StatCounter 日本国内のブラウザシェア

1位:Chrome 43.11% 2位:Safari 33.01% 3位:IE 10.2% 4位:Firefox 6.2% 5位:Edge 4.23%

Chromeのシェアが飛びぬけています。

私がWEBの世界に入ったころは、ブラウザと言えばIEでしたが、今は10%近くにまで落ちてきて、
代わりに、同じMicrosoft製のEdgeが少しずつ伸びてきています。
※IEのシェアが今も10%近くあることも、私にとっては不思議ですが。。

Firefoxのシェアも以前は10%以上ありましたが、現在は、そのシェアがかなり落ちてきていますね。

世界のブラウザシェア

StatCounter ブラウザの世界シェア

1位:Chrome 61.55% 2位:Safari 15.13% 3位:Firefox 5.02% 4位:UC Browser 4.41% 5位:Opera 3.16%

日本のシェアとは少し違いますが、ChromeSafariの順位は同じですね。

ただ、Chromeのシェアは、日本以上に大きいです。

また、日本では聞いたこともないUC Browserが4位に入っていることも、特徴ですね。
これは、中国企業が開発しているブラウザで、主に中国とインドで利用されているブラウザのようです。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. アフィリエイト
  2. VPSサーバー
  3. ブログのネタ探し
  4. プログラミング
  5. SSLとは
  6. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  7. 常時SSL通信設定方法
  8. htaccessとは
  9. WordPress
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP