XMLサイトマップとは

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップとは、
WEBサイト内のページのURLをXML形式で記述したファイルになります。

具体的に記述する内容は、
・ページのURL
・最終更新日(lastmod)
・サイトの更新頻度(changefreq)
・優先度(priority)
の4つの情報です。

一般的には、sitemap.xmlという名称でファイルを作成して、
自分のサイト内にアップロードして、
そのURLをGoogle Search Consoleに登録しておきます。

そうすることで、
Googleのクローラーがサイト内を効率良く巡回出来るようになるので、
ページをインデックスさせる手助けになります。

XMLサイトマップが無くてもサイトを公開できますが、
SEOとも関係の深い重要なファイルになるので、必ず設置するようにしましょう。

それでは、こちらの記事では、
XMLサイトマップの役割
XMLサイトマップが有効な場合
XMLサイトマップの記述方法
XMLサイトマップの作成方法
について、
詳しく説明していきます。

XMLサイトマップの役割

XMLサイトマップを作成する理由は、
Googleのクローラーが自分のサイトを巡回しに来てくれた時に、
サイト内に存在するURLを収集するための手掛かりにします。

ひたすらサイト内を巡回してURLをかき集めるよりも、
XMLサイトマップにページURLをまとめておけば、
クローラーも効率良くページURLを見つけることが出来るのでいいですよね!

つまり、クローラビリティの向上につながるので、
新規ページのインデックス既存ページの再インデックスを早めることになります。

もし、同じテーマで記事を書いているライバルがいた場合には、
少しでも早くGoogleにインデックスされた方が、
その後の検索ランキングに影響が出るので、
有利に働くことになります。

XMLサイトマップが特に有効な場合

サイト公開直後、サイト内のページを早くインデックスさせたい

サイトを公開後に何もしなければ、Googleがなかなかサイトを見つけてくれない場合もあります。

そうなると、サイトをインデックスしてくれるまでに、
かなりの日数が掛かることもあります。

インデックスされていないページが多い

サイト内のページ数が膨大にある場合や、サイトの更新火度が低い場合に、特に起こりやすいです。

Googleは必ずしもサイト内の全ページを見つけてくれるとは限らないので、
こちらから、インデックスして欲しいページを教えることも重要です。

ブログやアフィリエイトサイトで、新規投稿記事を早くインデックスさせたい

記事を少しでも早くインデックスさせることは、検索ランキングを上位で安定させることにもつながります。

特に、ブログやアフィリエイトサイトでは、検索結果の上位で安定させることは重要です。

また、インデックス前の他人の記事を盗んで、自分の記事として公開してしまうような悪人もいます。

その対策の為に、いち早くインデックスさせることは、とても重要です。

既存記事を修正したあと、直ぐに情報を修正したい(再インデックス)

ページを修正しても、Googleが持っている情報が古いままだと困りますね。

修正内容を少しでも早く更新して貰うためにも、XMLサイトマップは重要です。

MLサイトマップの記述例(サンプル)

サイトマップの記述方法は様々ですが、
一般的な記述内容は以下になります。

手動で作成される方は参考にして下さい。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">
<url>
<loc>http://www.samle.com/</loc>
<lastmod>2018-11-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>1.0</priority>
</url>
<url>
<loc>http://www.samle.com/company/</loc>
<lastmod>2018-11-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>0.8</priority>
</url>
<url>
<loc>http://www.samle.com/contact/</loc>
<lastmod>2018-11-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>0.8</priority>
</url>
</urlset>

XMLサイトマップの作り方

XMLサイトマップは、ページ数が多いと、作成するが面倒です。
また、WordPressのような動的サイトだと、
記事の投稿のたびに手動で追加するのは、運用の手間になります。

自動作成ツールを利用したり、
WordPressで運用している場合には、プラグインを使って手間を掛けずに作成するようにしましょう。

CMSを使わずにサイトを作成した場合

WordPressのようなCMSを利用せずにサイトを構築した場合には、
自分でXMLサイトマップを用意する必要があります。

その場合には、
sitemap.xml Editorというサイトで自動生成しましょう。

検索すれば、同様のサイトは多数出てきますが、
sitemap.xml Editorのサイトが一番使いやすいです。

設定手順は以下になります。
①、http://www.sitemapxml.jp/ にアクセス

②、以下のような画面が開くので、各項目を入力する
sitemap.xml Editor

各項目に関しては、よく分からなければ、URLだけ入力して、あとはデフォルトのままで問題ないです。

ただ、
最終更新日(lastmod)、サイトの更新頻度(changefreq)、優先度(priority)は必ずしも必須ではないので、
自分のサイト環境に合わせて設定して下さい。

③、「サイトマップ作成」ボタンをクリックする

④、sitemap.xmlというファイルが作成されるので、ダウンロードする

⑤、ダウンロードしたsitemap.xmlを、FFFTPなどでサーバ上にアップロードする
※ドキュメントルートへのアップロードがおすすめです。

WordPressを使ってサイトを作成した場合

WordPressでサイトを構築している場合には、Google XML Sitemapsというプラグインで簡単にXMLサイトマップを作成できます。
https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

インストールするだけで有効になるので、とても簡単に利用できます。

また、
例えば、
・XMLサイトマップに記載したくないページを除外設定したり、
・優先度の指定
など細かく設定することもできるので、便利です。

Google Search Consoleへの登録

XMLサイトマップを準備したら、必ずGoogle Search Consoleへ登録して下さい。

登録するのは、XMLサイトマップのURLになります。

登録しておかないと意味がないので、忘れないように注意して下さい。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  2. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  3. ホームページ(homepage)
  4. システムアップデート
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. エックスサーバー(XSERVER)
  8. WEBサイト構築
  9. スパム(SPAM)対策
  10. サイト公開

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • うちの会社も時々ランサーズ使ってるけど、めっちゃ助かってます! 中小は、人件費のような固定費がかさむのは痛くてなかなか新しい人を採用できんから、 必要な時にお互いマッチングして仕事を依頼できるのはありがたいです。 創業者からのメ… twitter.com/i/web/status/1…
    about 7時間 ago via Twitter Web Client

アーカイブ

PAGE TOP