URLの正規化とは?

SEO

URLの正規化とは?URLの分散を防いで【SEO対策】

URLの正規化とは

皆さん、URLの正規化は行われているでしょうか?

放置されている方も多いのではないかと思います。

弊社でも、最近は設定するように注意しているのですが、
以前組んだサイトでは設定できていないことも多々あり、見つけたら設定するようにしています。

それで、URLの正規化というのは、
同一コンテンツのページであれば、URLを1つに統一しましょう!
という作業です。

例えば、
http://sample.com/

http://www.sample.com/
は、Googleの検索エンジンには別のURLとみなされてしまいます

これは、SEOにも関わることで、あまりいいことではありません。

他にも、
http://sample.com/index.html ← URLの最後がindex.htmlで終わっている
http://sample.com/index.php ← URLの最後がindex.phpで終わっている
https://sample.com/ ← HTTPS通信のURL
などなどが存在しているとURLはバラけてしまうので、
必ず統一することをおすすめします。

具体的にどのような設定が必要かと言うと、
wwwあり、wwwなしのURLをどちらか一方に統一する
index.htmlやindex.phpは、必ずスラッシュ(/)終わりに統一する
SSLの導入が終わっているのであれば、https://~への強制通信を設定する
ページ分割した場合、1ページ目のURLを統一する
の4つの設定になります。

下記で、少し具体的に説明していきます。

wwwあり、wwwなしのURLをどちらか一方に統一する

URLにエイリアス(www)が付いたURLとwwwが付いていないURLの両方にアクセスできるのは、
良くありません。

http://sample.com/~
または
http://www.sample.com/~
のどちらかに統一しましょう。

wwwのあり、なしのどちらに統一するかは、サイト運営者などにより異なりますが、
最近では、wwwなしのURLが一般的になってきているように思います

index.htmlやindex.phpは、必ずスラッシュ(/)終わりに統一する

最近では見掛けることも少くなりましたが、
以前は良く、index.htmlで終わるURLを各ページからリンク先として設定されていました。

その為か、
http://sample.com/index.html
というURLでインデックされているサイトも多数ありました。

今でも時々見かけるのですが、
URLは極力すっきりとしたものに設定した方がいいので、
http://sample.com/
に統一するようにしましょう。

最近はトップページのファイルがindex.phpになっていることも多いので、
http://sample.com/index.php
も同様に、
http://sample.com/
に統一するようにしましょう。

統一する方法は以下を参考にして下さい。
参照:URLの正規化「index.html」をスラッシュ(/)へ統一する方法

SSLの導入が終わっているのであれば、https://~にする

現在は、Googleが常時SSL通信設定を推奨しているので、多くのサイトでSSLを導入されています。

ただし、SSLをインストールした後は、必ず、
http://sample.com/~
へのアクセスは、
https://sample.com/~
へリダイレクトするように設定して下さい。

ページ分割したページURL

こちらは、ページ分割しているページでの話になります。

http://sample.com/list/
が、
1ページ目のURLだとすると、
例えば、
2ページ目のURLは
http://sample.com/list/page/2/
の様なURLになると思います。

これは問題ないのですが、
ページナビの1ページ目のリンクをクリックした際に、
http://sample.com/list/page/1/
といったURLになってしまっていないでしょうか?

これは、
同じコンテンツのページなのに、
http://sample.com/list/

http://sample.com/list/page/1/
の2つのURLが存在していることになります。

重複コンテンツになり、SEO上も良くありません。

1ページ目に遷移した際には、
必ず、
http://sample.com/list/
へリダイレクトさせるようにしておきましょう。

最後に:URLの正規化後に行うべき作業

URLの正規化の後、以下の設定変更も忘れずに行って下さい。

・Google Search Consoleの再登録(正規化により、サイトトップページのURLが変更になる場合)
・XMLサイトマップのURLを正規化後のURLに変更

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. SEO(エスイーオー)

    SEO

    【WordPress】これだけはやっておいて損のないと思うSEO対策

    WordPressとSEOについてインターネットでWo…

  2. SEO(エスイーオー)

    SEO

    【WordPress】SEOを意識してブログのURLを改良しました

    エンジニアブログのURLを改良しました先日、こちら…

  3. SEO関連タグ
  4. SEO(エスイーオー)

    SEO

    モバイルファーストインデックス

    モバイルファーストインデックスがアナウンスいよいよモバ…

  5. SEO関連タグ
  6. SEOの関連タグ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 4月 04日

最近の記事

  1. SEO関連タグ
  2. SEO関連タグ
  3. レンタルサーバー(共用サーバー)
  4. システム開発用のアイキャッチ
  5. システム開発用のアイキャッチ
  6. ドメイン 利用制限
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. システム開発用のアイキャッチ
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Theme(テーマ)の選択
PAGE TOP