SEO関連タグ

H1タグ(<h1>)の役割とSEO対策について【初心者向け】

H1(<h1>)タグについて

ページの見出しタイトルを設定するタグを見出しタグと呼び、H1~H6の6つのタグが用意されています。

その中で最も上位に設定されるのがH1タグで、大見出し(ページ全体の見出し)を設定する為に用いられます。
※ページのタイトルを設定するのはタイトルタグ(titleタグ)なので、混同しないように注意して下さい。

つまり、見出しタグの中で最も重要なのがH1タグということになり、
Hの後ろの数字が大きくなるほど、重要度は下がってきます。

文法上の話をすると、
H1から順番にページの上部に記載していく必要があり、
例えば、H2タグをH1タグよりも上位に記述することはNGです。

その為、H1タグは必ずH2タグよりも上に記載しておく必要があり、
以前は、ページ全体の見出しの為、1つのページの中で1回しか用いることが出来ませんでした。

現在は、1つのページの中でH1タグを何度用いてもOKになりましたが、
そうなってくると、複数回記載した際にぺーじの「大見出しはどれ?」となりそうなので、
複数回用いるのは極力避けた方が良さそうです。

 

H1タグのSEO上の役割

H1タグはページ全体の見出しとなるために、SEO上、とても重要なタグになります。

以前に比べると、SEO上の重要度はかなり下がってきたという話も聞きますが、
不要ではないので(むしろ設定しておくべきタグ)、
きっちりと設定しておきましょう。

設定する内容は後で紹介しますが、
タイトルタグの文章とは被らないようにして、かつ、キーワードを適切に設定するようにしましょう。

 

H1タグの設定内容

H1タグは見出しタグなので、タイトルタグとは異なり、画面上に表示されます。

つまり、ユーザーの目に触れるものになるので、検索エンジンユーザーの両方の目を意識して設定して下さい。

それで、H1タグを設定する際には、以下の点を意識しておけば、OKです。
■(出来る限り)1ページに設定するH1タグは1つのみとする
■ターゲットとしている(メインの)キーワードを盛り込む
■キーワードを盛り込みすぎないこと
※メインキーワードも含めて2つくらいにしておくのが理想
■タイトルタグと重複しないようにする
■文字数の制限は無いが、ユーザーに伝わりやすく、簡潔な内容にする
■H2~H6タグよりも上に設置する
■サイトのトップページ以外は、テキストにする(トップページはロゴでもOK!ただし、altをしっかりと設定すること)

H1タグが長すぎたりキーワードを盛り込みすぎた場合、あとH1タグを複数設定した場合
盛り込んだ各キーワードの重要度が下がってしまうこともあるようです。

何事もそうですが、欲張らずに適度に設定することが重要ですね。

 

最後に

H1タグは、ページ全体の見出しタイトルになります。

本来、一つのWEBサイト内に同じページが存在することは無いので、
必ず、ページ毎に独自の内容を設定するようにして、またタイトルタグとも内容が被らないようにして下さい。

H1タグはSEO上も必要なタグですが、タイトルタグと異なり、サイト訪問者にもブラウザの画面上から見えるタグです。
Googleのロボットだけではなく、訪問ユーザーの目も意識して、
ページの内容がしっかりと伝わるようにして、かつ、キーワードを盛り込みすぎず、そして、ごちゃごちゃにならないよう簡潔に設定するようにして下さい。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP