ドメイン(domain)

ドメインとは?どうやって取得するの?

ドメインについて

ドメインとは、
ホームページを作成しようとしている方にとっては、説明は不要だと思いますが、

ホームページURLの「https://」の後ろ や メールアドレスの「@」より後ろに付いている文字列
※「.com」や「.jp」などがくっ付いている文字列

のことです。

URL:http://www.sample.com  メールアドレス:info@sample.com
の黄色い枠で囲った部分です。

ここまでは皆さんご存知だと思いますが、
やはりドメインの仕組みというのは、初心者の方にとっては少し分かり難いものです。

それに、
そもそもドメインは何のために必要なの?
サブドメインや独自ドメインって何?
といった疑問も出てくると思います。

そこで、
これらについて少しまとめてみました。

ドメインを使用する意義

サーバを取得すると、そのサーバにはIPアドレスというものが割り当てられます。

よくこのIPアドレスがインターネット上の住所と言われ、
サーバがインターネット上のどこに存在しているかを特定するために利用されます。

ただ、IPアドレスは単なる数字の羅列です。
覚えるのが大変です!!

そこで、自分が作成したホームページを乗せているサーバのIPアドレスにドメインを紐づけることで、
ホームページへのアクセスを容易にしてくれます。

さらに、
ドメインを見れば何のサイトかが分かり易くなるといった役割も果たしています。
※実際には、サイトとは全く関係のないドメイン名を付けている場合も多いですが

例えば、
山田不動産という会社であれば、「yamada-fudousan.com」というドメインを取得することで、
山田不動産さんのホームページということが、
ドメイン名だけで判断できます。

ドメインというものは、便利ですね!!

因みに、ドメインを使わずにホームページを公開するということは、
まずありえないので、
その点も押さえておいて貰った方がいいです。

ドメインがないとホームページは公開できない!
と考えて貰っていいと思います。

ドメインにはどのようなものがあるの?

以前は、ドメインと言えば「.com」や「.jp」というのが一般的でした。

現在もそれは変わりません。
ただ、最近は他にもいろいろなドメインがあり、
WEBの制作者でさえ把握しきれないくらいです。

国内だと、ドメインの取得はお名前.comが便利なので、
そちらのサイトで、どのようなドメインを取得できるのか確認して貰えればと思います。
[ ドメインの料金・種類一覧|ドメイン取るならお名前.com ]

「.com」や「.jp」の前の文字列は、自由に決めれるの?

もちろん、ドメインには好きな文字列を指定して取得することが可能です。

ただし、その文字列のドメインが空いていればです。
みんなが欲しがるドメインが空いているということは、まずあり得ません。

ドメインの文字列は早いもの勝ちなので、
欲しい文字列のドメインが既に空いていなければ、

文字列を少し変更してみる → 例えば、間にハイフン(-)を入れてみるとか
別の種類のドメインを探す → 例えば、「.com」も「.com」が空いていなければ、「.info」で探してみるとか

で、対応しましょう。

ドメインが空いているかは、以下で検索できます。
[ 全ての空きドメインを検索|ドメイン取るならお名前.com ]

サブドメインって?

test.sample.com」というように、
ドメイン「sample.com」の前に文字列をドット「.」でつないで、
ホームページを公開されているのを見たことがあります。

このように、
ドメインの前に別の文字列をくっ付けたものを、サブドメインと言います。

因みに、
よく、サブホストと言葉が似ているので混同されがちなので、注意しましょう。
サブホストとはバーチャルホストとも呼ばれるもので、サブドメインとは全くの別物です。

サブドメインの使い道

例えば、
ブログ用にドメインを取得しブログサイトを公開したい場合、
blog.comというドメインを取りたいですね。

でも、こんな誰もが欲しがるようなドメインを今更とれるはずがありません。

そこで、
自分が持っているドメインの先頭に「blog」という文字列をくっ付けてあげれば、
blog.sample.com
というサブドメインを作ることが出来ます。

これにより、
http://blog.sample.com/
というURLで、ブログの公開が可能になります。

こうしておけば、
ドメインからブログサイトであることが分かるだけではなく、
誰が運用しているブログなのかもユーザーにアピールできます。

便利ですね。

サブドメインの設定

メインとなるドメインさえ取得できていれば、
通常は、
ドメインを取得した管理会社のコントールパネルなどから、
簡単に登録できます。

サブドメインの発行で費用が掛かることも、通常はありません。
※もし、費用を請求されることがあれば、「なんで?」と問い合わせてみましょう。

独自ドメインとは?

独自ドメインという言葉については、それほど詳しく説明する必要はありません。

仮に、「sample.com」というドメインを取得した場合、
それがあなたが取得した、あなた独自のドメインです。

逆に、
例えば、あなたがアメブロでブログを公開する場合、
https://ameblo.jp/ユーザー名/
というURLが割り当てられます。

この「ameblo.jp」というドメインは、サイバーエージェントさんのものであって、
あなた独自のドメインではないですね。

ざっくりですが、独自ドメインとはこんな感じの理解の仕方で十分です。

因みに、
ホームページを公開する際に、
独自ドメインで公開するのがいいのか?
アメブロのように自動で割り当てられたURLで公開するのがいいのか?
は、いろんな意見があります。

それについては、また別の記事で紹介していきます。

ドメイン取得の方法

ドメインの取得は、レジストラと呼ばれる事業者に申請することで可能です。
有名どころだと、お名前.com、バリュードメイン、ゴンベエドメインなどがあります。

手順としては、
・まずは、欲しいドメインを決める

・欲しいドメインが空いているかを検索する

・空いていれば、取得申請する
となります。

と言っても、取得作業は簡単です。

おすすめのレジストラは、お名前.comです。
お名前.comの画面でドメインを検索して、空いていればそのまま取得すればOKです。
[ ドメイン取るならお名前.com|ドメイン取得は最安値1円~ ]

初回だけ会員登録が必要ですが、クレジットカード支払いで申し込めば、10分くらいで取得まで完了します。

最後に

ホームページとは、企業や個人にとってのインターネット上の玄関のような存在です、

そんな自分の家の玄関がどこにあるのか分からなくと困りますね。
それに、途中で引っ越しをするとなっても、お金や労力が掛かって大変です。

ドメインも同じです。

現在は、ドメインをブラウザに直接打ち込んでホームページを探す方は少ないですが、
パンフレットや配布物などを見てドメインで検索する機会も、時々あります。

ユーザーが覚えやすいドメイン名を付けるように心がけましょう。

また、
ドメインを途中で変更するのは、かなり労力のいる作業になります。
もし、ホームページの運用を制作会社に任せている場合には、変更に掛かる費用も馬鹿になりません。

途中でドメインを変更するといったことがないように、
ホームページの運用開始前に、必ずドメインの設計は行うようにしましょう。

ドメイン設計も、ホームページ制作の重要な工程の一つです。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. URL設計(URLデザイン)
  3. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  4. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  5. URL リダイレクト
  6. インデックスされない
  7. 内部対策は必要?
  8. CMS(シーエムエス)
  9. SEO業者は必要?
  10. SSL(HTTPS)

Twitter

  • 機械学習を少し勉強してみて思ったのは、Pythonがよく使われるのは便利なライブラリーが揃っているので、楽!というだけ。 多分、Pythonを使えば、数学なんて全く分からんくても、勉強して流れさえ掴めば、誰にでも出来る分野だという… twitter.com/i/web/status/1…
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP