常時SSL通信(常時HTTPS通信)とは

常時SSL化(常時HTTPS化)とは

SSLの導入について

最近は、新規でホームページを公開する際には、SSLの導入がデフォルトになりつつあります。

もちろん、既存のホームページへのSSLの導入も、かなり進んでいます

ただ、SSLを導入していなくても、サイトは問題なく表示されます。
その為か、
未だにSSLを導入していないサイトも多数ありますし、
弊社のお客様の中にも、まだ導入されていない方もいらっしゃいます。

何度か案内しても状況は変わらないので、
恐らくこれ以上は案内してもあまり意味が無いのかな?とあきらめています。

が、
本来は、もうSSLの導入は完了していないとまずいということは、
理解しておいた方がいいです。

因みに、
この記事で言っているSSLの導入というのは、
サーバーへのインストールだけではなく、
強制的にSSL通信させるところ(常時SSL化)までになります。

SSLの導入が重要な理由は、
Googleの検索ランキングで優遇される
Google Chromeのアドレスバーにでる警告を回避
セキュリティー強化
の3点です。

今回は、この3点についてまとめていきます。

 

Googleの検索ランキングで優遇される

SSL通信 Google検索ランキングで優遇

SSL通信の導入が進んだのは、
Googleが、「SSL通信も検索アルゴリズムのシグナルに使用する」的な内容の発表を行ってからだと思います。

これはかなり前の出来事で、
現在は、常時SSL化の設定はほぼデフォルトとなりつつあります。

その為、SSL導入によるSEO的な優位性はないと言っていいです。
それに、元々、それほど大きなシグナルでもないので、
SSLを導入したからといって順位が上がることほとんどないです。

が、GoogleがSSL通信の導入を推奨してる以上は、
SSLの導入は必須といえます。

 

Google Chromeのアドレスバーにでる警告を回避

SSL通信 Google Chromeでの警告

SSL通信を行っていないと、
Google Chromeからアクセスした場合には、「保護されていない通信」という警告がブラウザのアドレスバー出ます。

【参考】
7月からHTTP通信サイトに警告が出ます
9月から「保護された通信」が消えます

今や、ブラウザのシェアはGoogle Chromeが圧倒的に高いので、この警告メッセージが出るのはまずいです。

ユーザーが警告を見て、即座にサイトから離脱してしまう。。。
ということも考えられます。

 

セキュリティー強化

常時SSL通信設定 データセキュリティ

SSL通信の本来の役割は、
もし、ユーザーがサイトを閲覧中に何らかの重要なデータを盗聴されても、
SSL通信を行っておけば、データが暗号化されているので、安全性が増す、

というものです。

その為、以前は、SSLの導入はセキュリティー強化が目的で、
主に、お問合せフォームやログインフォーム、ECサイトの様な個人情報、クレジット情報を登録させるようなシステムのみへの導入でした

もちろん、GoogleがSSLの導入を推奨しているのも安全性を高めるためですが、
多くの記事で、「SEO上優遇される」という点が強調されているようにも思います。

どのような理由でも、
導入が進めばWEBサイト閲覧中の安全性が増すので、
いいことには変わりはないのですが!

 

SSLは安くなっている!

最後にですが、SSLは、数年前までは非常に高価なものでした。
それに、導入にも手間が掛かりました。

ただ、今は格安のSSLも多く登場しており
さらに、Let's Encryptという無料SSLまで登場しています

その為、
SSL導入の金銭的な敷居は確実に下がっていますし、
多くの共用サーバでは無料SSL(Let's Encrypt)をボタン一つで簡単にインストールできるようになっています。

さらに言えば、
今や、WEB上にはSSLの導入に関する多くの情報も公開されて、マニュアル化も進んでいるので、
技術的な敷居も確実に下がっていると言えます。

新規にサイトを公開する場合には必ずSSLを導入するようにして下さい。

さらに、
もし、まだSSLを導入していない既存サイトがあれば、必ずSSLを導入するようにして下さい。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【2,000円OFF キャンペーン実施中】↓

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. 色鉛筆
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. WP:WordPress(ワードプレス)
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. 文系と理系のメリットとデメリット
  7. 東京駅
  8. 残業
  9. プログラマーになるのに年齢は関係ある?
  10. 年収(収入)
【2,000円OFF キャンペーン実施中】↓

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP