WP:WordPress(ワードプレス)

記事詳細ページからカテゴリー情報を取得

WPから投稿した記事の公開ページ(single.php)の作成時に、

その記事が所属するカテゴリ―の情報を取得したいことはよくあると思います。

 

その場合は、

get_the_category()

を使えばカテゴリーIDやカテゴリー名などの情報を簡単に取得できます。

 

取得できるのは以下の項目になります。

Array
(
 [0] => WP_Term Object
  (
   [term_id] => 1
   [name] => カテゴリー名です
   [slug] => スラッグ
   [term_group] => 0
   [term_taxonomy_id] => 4
   [taxonomy] => category
   [description] => 
   [parent] => 0
   [count] => 1
   [filter] => raw
   [term_order] => 2
   [cat_ID] => 1
   [category_count] => 1
   [category_description] => 
   [cat_name] => カテゴリー名です
   [category_nicename] => カテゴリー名
   [category_parent] => 0
  )
)

 

カテゴリーIDやカテゴリー名を取得できれば、

色々と応用できると思います。

例えば、

カテゴリーのURLを取得したい場合には、

get_category_link()

を使えます。

//カテゴリー情報を取得
$cat = get_the_category();
//カテゴリーIDを指定して、カテゴリーページのURLを取得
$cat_link = get_category_link($cat[0]->cat_ID);

あとは、

以下のようなHTMLを作ってやればパンくずなどにも利用できますね。

<a href="<?php echo esc_url($cat_link); ?>"><?php echo esc_html($cats[0]->name); ?></a>

 

簡単ですね!!

因みに、

記事が2つ以上のカテゴリに―振り分けられている場合には、

当然複数のカテゴリー情報が返ってくるので、

その場合には、

必要に応じてコードを修正する必要はあります。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP