電車

その他もろもろ

フリーで使える沿線・駅データ『駅データ.jp』の紹介です!!

今日はフリーで使用出来る沿線・駅データの紹介です。

 

ディープでは不動産業者さんのサイト構築を主に請け負っているために、

沿線・駅データを使用することが多々あります。

 

ただ、

購入すると馬鹿高いです。

 

有名所だと不動産流通近代化センターさんなどで購入できますが、

結構な金額になると思います。

 

そこで、

弊社ではよくコードプラスさんが提供している沿線・駅データを使用しています。
サイト(駅データ.jp)はここ
http://www.ekidata.jp/

 

基本はフリーで十分使用できますし、

有料版でも4,200円とお手頃です。

 

データは「路線マスタ」と「駅マスタ」があり、

CSV形式でダウンロードできるので、

CSVと同じ項目を持ったデータベースを作成してそのまま流し込んでやれば、

沿線マスタDB駅マスタDBの作成が完了します。

 

勿論、

CSVデータのまま使用することもできますし、

APIも提供してくれているので、

自分とこのサーバのリソースを極力減らしたくない場合などは、

APIを使用すればいいです。
http://www.ekidata.jp/api/

 

ただ、

敷いて不満を上げるとすれば、

都道府県マスタ」もCSVでダウンロードできるようなれば助かるんですが。

 

まあ、

そこはデータ取得時にSQLの組み方で何とでもなりますし、

もしくは「都道府県API」を使用すれば問題ないか!?

 

因みに、

ここのサイトではこのデータを簡単にデータベースに取り込めるようにSQLを配布してくれているようです。
http://blog.pinkmonky.net/detail/?id=39

 

情報が古くなっている可能性があるので私は自分でデータベースを作成しますが、

手軽にデータベースを作成したいという方にはお勧めです。

 

沿線・駅データって自分で作成するのって相当な労力が要りそうなんで、

もっと注目されていいデータだと思います。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. ホームページを活用

    その他もろもろ

    ホームページを活用してますか?

    この仕事をしていると、いくらSNSが普及したとはいえ、まだまだホームペ…

  2. Google Search(グーグル検索)

    その他もろもろ

    Googleカスタム検索①

    Googleのカスタム検索を導入してみたので、そのメモ書きです。…

  3. レスポンシブ

    その他もろもろ

    レスポンシブ対応サイトの確認は「Responsinator」が便利です!

    今回は、レスポンシブ対応サイトを作成する際に便利なデザインチェックツー…

  4. テキストエディタ

    その他もろもろ

    WordPress テキストエディタから不要なクイックタグを削除

    テキストエディタからデフォルトのクイックタグを削除する方法…

  5. SSL(HTTPS)

    その他もろもろ

    【Chrome】9月から「保護された通信」が消えます

    Google Chromeから「保護された通信」の表示が消えます…

  6. CDN

    その他もろもろ

    【CDN】Rapid STARTの利用方法

    無料で利用できるCDNサービスとしては「Cloudflare」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Technology-Connection-Net
  2. ドメインにハイフンを使うのは日本人だけ?
  3. SSL(HTTPS)
  4. ドメインについて
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. ドメイン(domain)
  7. JPドメイン
  8. 高速(スピード)
  9. ブログアクセス
  10. 高速(スピード)
PAGE TOP