電車

フリーで使える沿線・駅データ『駅データ.jp』の紹介です!!

今日はフリーで使用出来る沿線・駅データの紹介です。

 

ディープでは不動産業者さんのサイト構築を主に請け負っているために、

沿線・駅データを使用することが多々あります。

 

ただ、

購入すると馬鹿高いです。

 

有名所だと不動産流通近代化センターさんなどで購入できますが、

結構な金額になると思います。

 

そこで、

弊社ではよくコードプラスさんが提供している沿線・駅データを使用しています。
サイト(駅データ.jp)はここ
http://www.ekidata.jp/

 

基本はフリーで十分使用できますし、

有料版でも4,200円とお手頃です。

 

データは「路線マスタ」と「駅マスタ」があり、

CSV形式でダウンロードできるので、

CSVと同じ項目を持ったデータベースを作成してそのまま流し込んでやれば、

沿線マスタDB駅マスタDBの作成が完了します。

 

勿論、

CSVデータのまま使用することもできますし、

APIも提供してくれているので、

自分とこのサーバのリソースを極力減らしたくない場合などは、

APIを使用すればいいです。
http://www.ekidata.jp/api/

 

ただ、

敷いて不満を上げるとすれば、

都道府県マスタ」もCSVでダウンロードできるようなれば助かるんですが。

 

まあ、

そこはデータ取得時にSQLの組み方で何とでもなりますし、

もしくは「都道府県API」を使用すれば問題ないか!?

 

因みに、

ここのサイトではこのデータを簡単にデータベースに取り込めるようにSQLを配布してくれているようです。
http://blog.pinkmonky.net/detail/?id=39

 

情報が古くなっている可能性があるので私は自分でデータベースを作成しますが、

手軽にデータベースを作成したいという方にはお勧めです。

 

沿線・駅データって自分で作成するのって相当な労力が要りそうなんで、

もっと注目されていいデータだと思います。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. URL設計(URLデザイン)
  3. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  4. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  5. URL リダイレクト
  6. インデックスされない
  7. 内部対策は必要?
  8. CMS(シーエムエス)
  9. SEO業者は必要?
  10. SSL(HTTPS)

Twitter

  • 機械学習を少し勉強してみて思ったのは、Pythonがよく使われるのは便利なライブラリーが揃っているので、楽!というだけ。 多分、Pythonを使えば、数学なんて全く分からんくても、勉強して流れさえ掴めば、誰にでも出来る分野だという… twitter.com/i/web/status/1…
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP