Linux(リナックス)

Linux

データをZIPに固めて一括移動

サーバ移転の際に必ず発生するコンテンツ移動についてです。

 

例えば、

サーバのドキュメントルートが

移転元(旧サーバ):/var/www/html
移転先(新サーバ):/home/sample/www

だとします。

 

まず、TeraTermなどで移転元サーバにログインして、

# cd /var/www

で、ドキュメントルートの一階層前のディレクトリに移動します。

 

それで、

まずは「html」ディレクトリをzipコマンで圧縮します。

# zip -r html.zip html
「zip オプション zipファイル名 圧縮元」

オプションに「-r」を付けることで、ファイルとディレクトリを再帰的に圧縮してくれます。

 

次に、以下の操作で移転元サーバから移転先サーバへ圧縮したhtml.zipを送ります。

 

# rsync -av /home/sample/html.zip 移転先のユーザーID@ホスト名:/home/sample
※ドキュメントルート「/home/sample/www」ではなく、ドキュメントルートの一階層前のディレクトリ「/home/sample」に送ってやります。

 

ここで移転先ユーザーIDに対するパスワードを聞かれるので、

正確に入力してやればファイルの移動が完了です。
※移動データの容量が多いとここで多少時間がかかります。

 

で、

後は移転先サーバに入って、

移転先サーバにコピーされてきたhtml.zipを以下のコマンドで解凍してやります。

 

# cd  /home/sample

で、ドキュメントルートの一階層前のディレクトリに移動し、

# unzip html.zip

で、ZIPに固めたファイルを解凍してやります。

 

最後に、

# mv html www

として解凍された「html」ディレクトリを「www」にリネームすれば完了です。

 

以前はサイトのサーバ移転をする際には、

ZIPに固めずに一旦自分のPCのローカルにダウンロードしてきてから新サーバにアップしなおしていたので、

それを考えるとかなりの時間短縮になりますね!!

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. Linux(リナックス)

    Linux

    サーバのユーザーアカウントを変更!!

    passwdでユーザーパスワードを変更先週から今週にか…

  2. Linux(リナックス)

    Linux

    「df コマンド」「du コマンド」でサーバの使用容量を調査

    サーバのディスク使用量を調べる場合のLinixコマンドですが、つい…

  3. Linux(リナックス)

    Linux

    rm find 日数指定でファイルを一括削除

    最近、linuxコマンドを操作する機会が増えたので、メモ書き程…

  4. Linux(リナックス)

    Linux

    scpコマンドでファイル転送

    弊社のサーバ移転も少し落ち着いて来ました。とはいえ、まだ作業は…

  5. Linux(リナックス)

    Linux

    scpよりrsyncの方が高性能!?

    以前、scpを使ってリモートでファイル転送する方法について記事を書きま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Technology-Connection-Net
  2. ドメインにハイフンを使うのは日本人だけ?
  3. SSL(HTTPS)
  4. ドメインについて
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. ドメイン(domain)
  7. JPドメイン
  8. 高速(スピード)
  9. ブログアクセス
  10. 高速(スピード)
PAGE TOP