WP:WordPress(ワードプレス)

WP 自動保存機能を無効化

WordPressには、

自動保存機能(オートセーブ機能)が備わっています。

 

編集している最中の記事を自動で保存してくれる機能です。

自動保存が行われると、

エディタの右下辺りに以下のような表示が出ていると思います。
WP 自動保存機能

 

・記事を保存せずに画面を閉じてしまった
・書いている途中に何かしらの理由で管理画面が落ちてしまった

などということもあり得るかもしれません。

 

そんな時に、

一定間隔で自動的に記事を保存しておいてくれれば、

被害は最小限に抑えられます。

 

なので、

リビジョンと同様に便利な機能ではあるのですが、

私は個人的には不要だと思っています。

 

というのも、

実際には保存前に記事を消してしまったという経験はないので、

自動保存機能が役に立ったという機会がほとんど無く、

そうなってくると自動保存は鬱陶しいだけになってきます。

 

なので、

今回は自動保存機能を無効にする方法についてまとめます。

 

と言っても方法は簡単で、

「functions.php」に以下のコードを追記してやるだけです。

function autosave_stop(){
   wp_deregister_script("autosave");
}
add_action("wp_print_scripts", "autosave_stop");

 

あと、

自動保存機能を無効にするのではなく、

自動保存の間隔を長くするということも出来ます。
※自動保存の間隔は、デフォルトは60秒です。

 

こちらも設定方法は簡単で、

「wp-config.php」に以下のコードを追記してやるだけです。

define("AUTOSAVE_INTERVAL", xx);

「xx」の部分に時間(秒単位)を設定します。

 

例えば、

自動保存の間隔を5分(300秒)にしたければ、

define("AUTOSAVE_INTERVAL", 300);

と記述するだけです。

因みに、

このコードは「wp-settings.php」が読み込まれる前に設定する必要があるので、

require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');

よりも上に記述する必要があります。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 今日は朝からマニュアル作成 なんでマニュアル作成って、こんなにつまらないんやろ。 必要やから作成するけど、コード書くかブログ記事のアップを行いたい。
    about 2日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP