WP:WordPress(ワードプレス)

WordPressリビジョンの無効化について

WPのリビジョンデータを制御

WordPressには、リビジョンと呼ばれる記事の自動バックアップ機能があります。

WordPressを長く利用されている方であれば良くご存知だと思いますが、
投稿記事の修正を行ったり、自動保存されると、その度に増えていくあいつです!!

記事の投稿画面下にこんな感じで表示されています。
WPリビジョン

 

何かあった時に記事を過去(リビジョンが保存されている段階)の状態に戻せるので、
本来は、有効に使えば非常に便利な機能です。

 

が、記事が増えていくとかなりの量になってしまい、サーバを圧迫してしまうこともあります。。。

 

プラグインを使って溜まったリビジョンを一括で削除してしまう方法もありますが、
そもそもリビジョンの機能自体が不要という方もいると思います。

そんな場合には、wp-config.phpに以下のコードを追記するだけでリビジョンの機能停止させることが可能です。

define("WP_POST_REVISIONS", false);

因みに、このコードはwp-config.phpが読み込まれる前に設定する必要があるので、
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');
よりも上に記述する必要があるようです。

 

あと、保存するリビジョンの数を制限することも可能です。

方法は、wp-config.phpに以下のコードを追記すればOKです。

define("WP_POST_REVISIONS", 5);

リビジョンが多く溜まり過ぎるのは嫌だけど、全く残さないというのも嫌という場合には、こちらを使ってやれば良さそうですね。

 

因みに、
Revision Control」などのプラグインを使って制御することも可能です。

と言っても、このくらいの機能で余分なプラグインの数を増やすのは嫌なので、
wp-config.phpで設定した方が良いと思います!!

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP