WP:WordPress(ワードプレス)

WordPressプラグイン「Better Delete Revision」で溜まったリビジョンをお掃除です

WPの不要なリビジョンを削除する方法

WordPressでブログ運営をしていると、リビジョンというデータが増えていきます。

諸々の事情で前の状態に戻した場合に、このリビジョンを使って簡単に戻せるので便利ですね。

ただ、溜まっていくとデータ量が膨大になるので、サーバへの負荷も増えてしまいます。

 

そんな場合には、「Better Delete Revision」というプラグインを使って簡単に削除することが可能です。

Better Delete Revisionでリビジョンを削除

使い方は、まず、プラグインをインストールして有効化すると、

管理画面左メニュー「設定」の中に「Better Delete Revision」というリンクが追加されるので、

それをクリックするとプラグインの管理画面に移動します。
「Check Revision Posts」ボタンをクリック
今回は、リビジョンの削除なので「Check Revision Posts」ボタンをクリックします。

      

「Yes,I would like to delete them!(A Total Of xx)」ボタンをクリック
このまま削除してしまって良ければ、
Yes,I would like to delete them!(A Total Of xx)」ボタンをクリックです。

これで削除完了です!!

 

因みに、削除後には不要なプラグインになるので、常に有効化しておく必要はありません。
使用する時にだけ有効化するようにして、普段は停止させておいていいプラグインになります。

 

他にもリビジョンを削除できるプラグインは多数ありますが、
このプラグインが一番シンプルで使い易いので、私は良く使用しています。
 

Better Delete Revisionでデータベースを最適化

Better Delete Revisionには、データベースを最適化する機能もあります。
Better Delete Revisionでデータベース(DB)を最適化

最適化を行うことでデータベースの容量を軽量化することが出来るので、
定期的に最適化することもおすすめします。

phpMyAdminでも最適化はできますが、わざわざそちらにログインしなくても、WordPressの管理画面の上から行えれば便利ですね!

 

リビジョンを制御する方法

リビジョンを削除するのではなく、リビジョンの機能自体を無効化したり、残しておく数を制限する方法もあります。
そちらに関しては、以前、別の記事にまとめているので、良ければそちらを参照して下さい。
[ WordPressリビジョンの無効化について ]

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  2. ホームページ(homepage)
  3. システムアップデート
  4. エックスサーバー(XSERVER)
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. WEBサイト構築
  8. スパム(SPAM)対策
  9. サイト公開
  10. ネームサーバーの登録

Twitter

ダッチ(足立拓也)
@gatsu0000

  • RT @goens69732829: 明日は譲渡会です‼️‼️‼️ 今年最後の譲渡会はたくさんの猫ちゃんが参加🥰 皆さん拡散の応援宜しくお願い致します‼️ 12月8日(日) 時間:11:00〜15:00 場所:いなげビレッジ虹と風 虹の棟 2F 会議室・宙 (千葉市稲毛…
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP