Perl(パール)

Perl CGIで500エラー(Internal Server Error)

先日お客様からの依頼でサーバ移管を行っていた際のお話です。

 

何年も前にPerlで組まれたプログラムがのっかっていたので、

そちらも新サーバ側に移行してテストしてみると、

500エラー(Internal Server Error)が出てしまいました。
Perl 500エラー

 

CGIファイルなので権限(属性)は「755」に変更済みです。

 

Perlは以下のバージョンがデフォルトで入っています。

# perl -v
===========================================
This is perl 5, version 16, subversion 3 (v5.16.3) built for
===========================================

 

原因はすごく単純で、「perl-CGI」が入っていないことでした。

こいつが無いと、

PerlをCGIとして実行してやれないみたいです。

 

なので、

# yum install -y perl-CGI

としてインストールします。

 

これで問題なく動作するようになりました!!

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP